フェルメール

もう一ヶ月以上もたち、記憶も遠い彼方・・・


お盆休みも終わりに近づいた8月中旬金曜の夜、上野へと出かけた。


目的はフェルメール。

「マウリッツハイス展」
「ベルリン美術館展」


f0192411_12284580.jpg

混んでるかな~と思いつつマウリッツハイス展に先に行ってみたら、
入館に10分待ち。
大したことないなぁ~と入ってみたら、人・人・人!
・・・そ、そ、そうですよね^^;

人の頭を見ているのか、絵を鑑賞しているのか途中分からなくなったけれど(笑)


まさか日本で観られると思っていなかった

「真珠の耳飾りの少女」

その絵だけは、最前列で鑑賞したい人と、それ以外で良い人と、レーンが別れていました。
最前列鑑賞は20分待ち。立ち止まってはいけない・・・
だったら、後ろでもゆっくり観た方が良いよね~と
列には並ばず。好きなだけそこに居られるので、ゆっくり鑑賞できた。


一言で言うと、とてもミステリアスだった。
思ったほどブルーが鮮やかじゃなかった事に少々驚いたけれど、
その少女は何かを問いかけているような、、なかなか次へ進むことができず。



「真珠の耳飾りの少女」もさることながら、
とても印象深かったのは、レンブラントの「シメオンの賛歌」
絵だと言うことを忘れてしまいそうな程の光。
その下で輝く人たち。

レンブラント、去年来日していたときには観られなかったから、
今回は、観ることができて良かった!




最後のグッズ売り場が、いつもの美術展より規模が大きくて「さすが!」と思ってしまった^^;
結構楽しみです、ミュージアムショップ!




外に出た頃は日が暮れてすでに夜。

お次は~


f0192411_12305870.jpg

「ベルリン国立美術館展」

西洋美術館へ


こちらは、周りから聞いた話しに通り、空いていてすんなり入館。
そういえば、改装してから西洋美術館に入ったのは初めてだ。


絵画あり、彫刻あり、織物あり・・・
とにかく見応えあり!


15世紀のフィレンツェの彫刻達。ルーカ・デッラ・ロッビアの作品もありました!
そのあまりに繊細な作品たちは、職人技だとしか思えぬ程。
芸術だけれど、職人的に思ってしまう。

いや、職人か・・・?!



そして、見る度に凄いと思う織物。
巨大なのものは、それだけでも大変だろうに、
模様では無く、勿論絵なのだ・・・
人物は表情豊か・・。
しばし、その前で制作途中を想像してみる。



ボッティチェッリやミケランジェロのデッサンもあり。
私には、『春』 『ヴィーナスの誕生』などと全然違って見えたデッサン。
勿論、その2点のデッサンではないのだけれど。

ミケランジェロのデッサンを見ながら、とある本に書かれていた
フィレンツェ ラウレンティーナ図書館の落書きの事を思い出す。
真相はいかに・・・。



イタリア好き・イタリア美術好きの私としては
ベルリン国立美術館展の方が見応えがあり、良かったなぁ・・・
好きと言っても全く詳しくないですが・・^^;



さすがに1日に二つの美術展を見るのは疲れる!
外へ出たときにはどっと疲れが出て、とにかくお腹が空いていた・・・


どうしてか?とてもカレーが食べたい気分で、
駅近くのWIRED CAFEに寄って

f0192411_12475978.jpg

カレーを食す。


その晩に、
なんと!友人が隣のお店で同じ時間に買い物をしてた事を知りビックリ!!!
隣のお店に寄ろうかと思っていたやめたのだけれど、
寄っていたら会えたのにー!と残念な気持ちに。。













f0192411_12512364.jpg

久しぶりに上野公園の噴水のところへ行ったら

スターバックスやカフェが出来ていて、なんだか変な感じ・・笑
とっても賑わってました~
[PR]

by a-monly | 2012-09-23 12:59 | あーと | Comments(4)

Commented by xiangpian at 2012-09-24 02:14 x
お疲れさま~   あっちでもこっちでも拝見しました、フェルメール!
今は、日本出張を終え、アメリカに行ってるのかな?
それにしても、どうしてこんなに日本人に人気が出たのだろうか、フェルメール?   世に出ている作品が少ないってところがミソなのかな~
ほら、日本人って数量限定とか希少価値のものにすごい勢いで食いつくじゃない 笑 
本家、マウリッツハイスでは、目の前50センチの距離でひとり占めできますのよ、おほほほ~    早く本国に返しておくれ!
ミュージアムショップって楽しいよね。 何か買いたくなるよね。

↓展示会もおつかれさまんさ。    a-monlyさんのアクセファンが増えそうですね♪

↓ 
Commented by キャサリン at 2012-09-24 10:56 x
すっごい氾濫してますよね。フェルメールの情報。
どこでも大絶賛w 良さがいまいちわからない不届き者の私^^;
これだけ絶賛されれば、見たくなる一般大衆な私(笑)
きっと本物を見れば魅了されるんでしょうね~。
好き嫌いはあっても、本物を見る。一流を見る。っていうのは大事なことですよね~。絵画でもスポーツでも自然でも。
アクセサリーを作る肥やしになったのでは?!
ますますのおご活躍が楽しみです♪
Commented by a-monly at 2012-09-25 22:13
xiangpianさん♪
今更お腹いっぱいな日記でゴメンなさい(笑)
日本のあとはアメリカなんですね~
本場、マウリッツハイスで観たいな、フェルメール!
そうそう、日本でのフェルメール人気ってすごいですよね~
なるほど・・数量限定とか希少価値が高いものに・・納得だわ(笑)
私はそんなにフェルメールファンってわけではないのですが、数量限定とかに食いつくタイプじゃないからなのかな? なんて・・笑
ほんとミュージアムショップって楽しいですね♪ NYCのMOMAはとっても楽しかった^^

この日記に登場した隣のお店でお買い物していた友人とは、ルネサンスに詳しいあの方ですよ~!笑

展示会でファンの方が増えてくれたら、とっても嬉しいです☆
ありがとございます~^^
Commented by a-monly at 2012-09-25 22:20
キャサさん♪
おぉぉ!やっぱりフェルメール情報すごいのですね!
それに乗ってる?!私・・・笑
私もただ観たいだけで行っているので、美術に全然詳しくないんですよ~^^;
確かに、こんなに騒がれると行ってみたくなりますよね。今日はツタンカーメン展に行ってきました(笑)

本物って、美術本なんかで見るのと違ったりして、それぞれに思うことがあったり。 その辺って旅行でも同じですね~ 写真で見るセントラルパークとと実際のセントラルパークはちょっと違った!などなど。
本物や一流を見る。ほんと大事なことですね~

アクセサリーを作る肥やしに・・・なっていたらいいなww
嬉しいお言葉ありがとうございます^^