マリア・パヘス

2年ぶりの来日


f0192411_21315333.jpg


マリア・パヘス「UTOPIA」 at オーチャードホール



楽しみにしていた5月18日。
この時一緒に行った友人と、観に行こうと約束していて。
彼女は仕事でぎりぎりの時間! 間に合って良かった~!



珍しく後方の席で。
もちろん前方の方が臨場感が味わえるけれど、
後方でも思ったよりも迫力がスゴイ。




マリア以外のダンサーはコンクリート色グレーの衣装。
照明によって、少し色が変わって見えたり、
今回は、照明にかなり注目してしまった。


いつもながら、マリアの長い腕はまるで関節がないかのように
しなやかに舞う。そしてダイナミック。


マリアも勿論だけれど、その他のダンサーたちの踊りが迫力があって、
胸にずーんとくるものがある。
サパテアードは、まるでパーカッション。
手の動きもさることながら、私はやっぱりリズムを刻むタップが好きだなぁ。


8つのシーンに分かれていて、それぞれにテーマがあり、全体が一つの物語になっている。

毎回思うけれど、振り付けから音楽・衣装・照明。
一体その想像力はどこからくるのか?


途中シーンでの扇子使いが流石と思うほど格好良い。
これについて、公演後に友人とあれこれ話した。


音楽も迫ってくるものがあり、、、CD買っておけば良かったー。
と後から思ったほど。



カーテンコールでいつも感じるのだけれど、
他のスペインのフラメンコ舞踏団の中で、
マリア・パヘス舞踏団が一番盛り上がる気がする。
この日は、何十分拍手が鳴り止まなかっただろう?


興奮冷めやらぬままロビーへ出て、公演プログラムを購入しようと思ったら、
どこからか歓声が沸き起こった。


なんと、なんと!
マリアが出てきたのだ!!!



もう、もみくちゃです(笑)


マリア本人がプログラム購入者に手渡ししたいと!!!!


f0192411_21492078.jpg


なんとも素敵なサービス。
「ありがとう」と日本語で購入者に声をかけてました。
ファンをとても大切にしているのが伝わってきた。


時間に限りがあって、私の順番が来る前にマリアは去ってしまったけれど、
今回も、素晴らしい公演をありがとう!!!






一人で観に行くときは、必ずと言って良いほど、まっすぐ帰宅するけれど、
友人と一緒だと、公演後の食事などもまた楽しいひととき。



この日はbunkamura近くの「Dexee Diner」へ


さすが土曜の渋谷! お店は混んでたけれど、すぐに案内され、
私たちの後は、何組も待ってました。なんてタイミング良かったんだろう!!!




f0192411_21532080.jpg

美味しいご飯と楽しいおしゃべり。

そして電車に乗って一緒に帰ったのでした♪







※ ほんの少しの間、ブログをお休みいたします。
   ご覧下さっている皆さま、いつもありがとうございます^^
[PR]

by a-monly | 2013-05-27 21:56 | だんす | Comments(2)

Commented by hi-vison_1103 at 2013-05-28 10:54
おひさで〜す(^ー^)
くろべ〜です。
なななんと、ご近所の仲良しさんも、これに行って、
よよよよって人の波に押されて、うれしくもマリアさんとちゃんと握手、まさにこの場面で出来たそうです。はなせて。
彼女もフラメンコ長年やってます。
同じ場所にいたんですね〜
byくろべ〜@梅雨ですね。お互いにご自愛ってことで。
Commented by a-monly at 2013-05-29 09:53 x
クロエさん♪
おひさです〜^^
パリ日記楽しみに拝見してます〜
なんと! ご近所さんが! コメント読んで大興奮です!!!
しかもマリアとお話されたなんて羨ましい〜☆
長年フラメンコをやってらっしゃるとはカッコいいお方ですね^^
ご近所さんによろしくお伝えくださいませ♪
そうですね、お互いご自愛で^^