シレンシオ

f0192411_043775.jpg



あまりに面白く、私の中にキョーレツな印象を残した2007年始めに観た舞台
「空白に落ちた男」


あれから5年半。
パントマイムをベースに舞台を作っている小野寺修二さんとダンサー首藤康之さんが
再び一緒の舞台に!
7月初旬、東京芸術劇場・プレイハウスにて。



そして今回は、何と原田知世さんも出演。
舞台に立つのは30年振りと言っていたような・・・





基本的に台詞はなし。


「シレンシオ」

とは「静寂/沈黙」と言った意味らしい。


一歩たりとも間違えのない、計算されつくされたと思われる動きだったり、
マイムの凄さには圧倒される!

笑ってしまうシーンもあり、え?なんだ?なんだ?と釘点けになってしまったり、
とにかく観客を飽きさせない。





作り手と踊り手
表現者ってなんて素晴らしんだろう!
[PR]

by a-monly | 2013-08-22 00:59 | だんす | Comments(0)