ボッティチェリとルネサンス

また寄り道ですが、、笑




6月末、会期終了数日前、またもやギリギリに^^;


bunkamuraで開催されていた

『ボッティチェリとルネサンス』へ


f0192411_21511471.jpg




混んでるかな~?と思っていたら、割と空いていてラッキーでした^^


ボッティチェリの日本初公開作品14点を含む17点が来日。


イタリア政府の門外不出リストにも登録されている傑作

『聖母子と洗礼者聖ヨハネ』



ウフィツィ美術館所蔵の至宝 

フレスコ画 『受胎告知』



などなど。


この日は、アート学校を出ている友人と一緒だったので、
軽く説明してもらったり、フレームの下に書かれたイタリア語を教えてもらったり^^


絵画以外に、昔のコインや、書物などの興味深いものの展示もあり。



『聖母子と洗礼者聖ヨハネ』 は、とにかく素晴らしかったけれど、


一番感動したのは、巨大なフレスコ画、『受胎告知』


目の前のソファに腰を下ろし、しばらく眺めていました。
ずーっとそこに居たかったほど。


しかし、このフレスコ画、どうやって運ばれてきたのだろう?
そんな事を思ったり、、
最近は展覧会にしろ、舞台にしろ、なぜか裏方が気になるんです(笑)



混んでいなかったので、ゆっくり観られたことと、
ボッティチェリ好きの友人と一緒に行けた事が良かったなぁ~
と、今もたまに思い出してます。
















f0192411_2275337.jpg


えーっと、、いつの事でしたっけ?
と、遠い目になってしまいそうな(笑)

『ウフィツィ美術館展』


そうです、昨年の冬ですね(笑)


展示会準備でバタバタしていた時に、
合間を縫って、ギリギリセーフで観に行けた美術展。

半年以上も前のことで、記憶が薄れていますが^^;


ボッティチェリの

『パラスとケンタウロス』

をしばらく眺めてました。



ウフィツィ美術館は2度行っておりますが、
まだヴァザーリの回廊に行った事がありません。


次こそは! とこの日に強くそう思い、
美術展を見終わった頃には、イタリアに行きたい気持ちmaxに!!!


本当は、「次のイタリアもフィレンツェに行くぞ!」と思っていたのに、
結局、6月の渡伊では断念。。


だから次回こそは!
[PR]

by a-monly | 2015-08-04 22:17 | あーと | Comments(0)