WOMEN:New Portraits/Annie Leibovitz

f0192411_0293.jpg



3月中旬

アニー・リーボヴィッツの写真展へ行ってきました。


東雲の元倉庫だったギャラリー「TOLOT/heuristic SHINONOME」

↑の入口を見た瞬間、
「アニー・リーボヴィッツらしい!」
と、彼女を良くも知りもせず、そう思ってしまった・・^^:


会場には、
f0192411_0222238.jpg

こんな感じで、著名人たちのポートレートが並んでいて
大きなモニターが3箇所に。
奥は、自由に見ることができる、写真集が沢山。

写真左側の、ABT・黒人で初のプリンシパルに昇格した
ミスティ・コープランドの写真は、ちょっと楽しみにしていたんです。
ダンサーの友人がミスティと友人なので、たまに話を聞いたりしていて、
何だか勝手に身近に感じていたり・・・なんて、本人に失礼ですが^^;


f0192411_0274699.jpg

大きなモニターでは、写真が代わる代わる移っていき、
あの人やこの人!が映し出され、私の大好きなケイト・ブランシェットもしかり。
思わず見入ってしまう、ずっとずっと見ていられそうなほど。


プライベートな写真から、ありとあらゆるモノがセッティングされて撮られたもの。
美しい中に、女性の強さみたいなものを感じる写真たち。


10数年前、アニー・リーボヴィッツのドキュメンタリー映画を観にいき、
その後、大きくて重たい写真集を購入した。
それから随分月日が経って、やっと展覧会を観に行けたことが嬉しかったなぁ。

映画の中で、パティ・スミスが若い頃に撮ってもらった写真について言っていた言葉が
印象的で忘れられない。


f0192411_0364555.jpg

きっと皆さん、このジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真はご存知では?
これもアニー・リーボヴィッツの撮影です。
この数時間後に、ジョン・レノンは銃弾に倒れ・・・つまり、これが最後の写真だそう。


写真って、とても奥が深く、やっぱり芸術だなぁ・・・





友人と一緒に観に行ったので、写真展の後は場所を下町に移し、
楽しいお茶とお喋りタイム♪





















f0192411_041317.jpg

ピナ・バウシュ

ピナが生きているうちに、彼女の舞台が観られなかったことが残念でならない。。
[PR]

by a-monly | 2016-03-24 00:49 | あーと | Comments(0)