久々バレエ鑑賞

『ロシア文化フェスティバル2016 IN JAPAN』




お目当てはこちら
f0192411_13121796.jpg

ボリショイバレエ・プリンシパル 「スヴェトラーナ・ザハーロワ」
と、彼女の夫、
世界的ヴァイオリニスト 「ワディム・レーピン」

at サントリーホール


フェスティバルの初日のこの日は、開会式もあり、
委員会院長でもある、
ロシア連邦国家院議長・(日本)参議院議員 の挨拶もあり、
大統領・首相のお言葉も。


さて、なかなか機会がない、スヴェトラーナ&レーピン夫妻の共演。
この日をとっても楽しみにしてました!!!


座席は、舞台を真横から見下ろすところで、
残念ながら、下手の袖は見えないけれど、
距離は割りと近く、よーく見えました。

・・・と言いつつ、オペラグラス持参でしたが(笑)


演目は

『Distant Cries』

「メンデルスゾーン:ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲ニ短調より第2、3楽章

『Plus.Minus. Zero』

「クライスラー:中国の太鼓」

『Revelation』

「チャイコフスキー:レンスキーのアリア」

「モンティ:チャールダーシュ」

『瀕死の白鳥』

「ポンセ」

『レ・リュタン』より(抜粋)

※『』は踊りあり、「」は音楽演奏のみ

<バレエ>
 スヴェトラーナ・ザハーロワ
 ミハイル・ロブーヒン
 ウラジミール・ヴァルナヴァ
 ドミトリーザグレビン

<演奏>
 ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル



古典クラシックのイメージが強いスヴェトラーナだけれど、
この日は、コンテンポラリーが殆ど。

なかでも
『Distant Cries』は、心にぐっとくるものがあって、
また是非観たいと思うほど気に入ってしまった。


『Revelation』は、日本人振付家の作品。
これは、スヴェトラーナの身体能力を見せつけられた、物悲しい演目。


『瀕死の白鳥』は、それはそれは美しく、

最後の『レ・リュタン』より(抜粋)は、
ダンサー全員が出演した、ちょっとコミカルでキュートは演目!

スヴェトラーナと、レーピンの、ほんわかしちゃうやり取りもあったり、
上手の袖口がよーく見えたため、ちょっと面白いところも見られちゃったり^^
レーピンのユーモラスな場面もあったりで、

普段のバレエ公演では見られないようなところがあり、
何だか得した気分&happyな気持ちに♪



スヴェトラーナって、目にする写真では、笑っている顔が少なくて、
とても美しく、人間離れしているっていうのかな?
バレエのために生まれてきた人なのだろうと、
勝手なイメージを持っていたんだけれど、
今回の公演で、可愛い一面を垣間見れて、チャーミングな人だなぁ~と思った!


私が、古典よりモダンやコンテンポラリーが好きなせいか、
スヴェトラーナのコンテンポラリーが、すごく良かったなぁ~


また観たい!

でも次の7月のガラ公演では、古典・・・。
その前に、日程的に行けない可能性ありだけれど^^;




そういえばここ数年、ベジャールバレエ団が日本に来ないなぁ・・・
たまに思い出しては、寂しくなる。。

しょうがないから、DVDで我慢しよう。。






















f0192411_13393166.jpg

YONA YONAエールの楽しそうなイベントが!!


どうやら期間限定ビアガーデンらしいですね~
・・・そりゃそうか、ビアガーデンは期間限定か・・笑


私はビールは飲まないけれど、、いや、飲めないけれど^^;
フードがとっても美味しそうだったんです!!


こちらを発見したときは、食事を済ませてしまってたので、食べられなくて残念><




でも、また行く機会があるので、その時には食べられるといいなぁ~♪
[PR]

by a-monly | 2016-06-18 13:42 | だんす | Comments(0)