展覧会ハシゴ

こちらも随分と前のこと^^;



海外にでも行かない限りやることはない、
「展覧会ハシゴ」
をしてみました。



f0192411_1165097.jpg

まずは、カラヴァッジョ展。


ちょうど、西洋美術館が世界遺産へ登録することが決定した頃だったかな?
その関係で、凄く混んでいるとの噂を耳にしたけれど、そうでもなかった。

しかし、入場に並ぶような程ではなかったけれど、
会場内は、それなりの混雑振り。


一番気になってたのは、
カラヴァッジョが死ぬ間際に携えていた3点の絵画のうちの1点とされる
『法悦のマグダラのマリア』
世界初公開。


でも、メインはウフィツィ所蔵『バッカス』だったのかな?
日本初公開。
ふくよかな青年のとろんとした表情には、魅入ってしまいますね。



暗い雰囲気だけれど、『エマオの晩餐』が一番記憶にあるかな。

そして、ジェノヴァで観た『エッケ・ホモ』も来てました。


カラヴァッジョが、気性の荒い人だったことが窺い知れる話などや、裁判資料などもあり。


そんなにゆっくりは観られなかったけれど、西洋美術館を後にし、



f0192411_1139325.jpg

東京国立博物館へ。



表慶館で、

「黄金のアフガニスタン」

を観覧。



まず、こちらの建物が好きです。笑


カラヴァッジョ展とは打って変わって、こちらは割りと空いてました。
以前も、ペルシャ展だったかな? 結構空いていてゆっくり観られたのを思い出しました。

・・・中東の展覧会って、あまり人気ないのかしら?^^;

いえ、たまたま運が良かったのかなぁ。



特に良かったのは
第3章の『ティリヤ・テペ』

遊牧民族の有力者のお墓より・・・
副葬されたモノたち。

古さを全く感じさせない、素材やデザインのジュエリーや、衣服の装飾品。
とても繊細で、輝いてるそのモノたちにしばし惹き込まれる。
動物や人物の表情も何ともいえず・・・


こういった展覧会を観に行くといつも思うことだけれど、
遥か昔の人たちの技術の高さ。

今みたいに便利な道具もなかっただろうに。
そして、そのセンス。
全然古びた感じがしない。



やっぱり職人って素晴らしいな。




f0192411_1152869.jpg



久しぶりの上野の写真を撮り、
その後は実家へ。



最後に一言。
やっぱり展覧会ハシゴは疲れる!笑
[PR]

by a-monly | 2016-08-11 08:30 | あーと | Comments(0)