Italy日記 3

滞在3日目、この日は「Torino(トリノ)」へ移動。

今日の日記も長くなりそうです^^; 



f0192411_21364853.jpg

まずは、滞在してるホテルで朝ごはん。


友人が、
「朝ごはんは、あんまりだった・・・コーヒーもあまり美味しくなくて、、多分マシーンが良くないと思う」
なんて言っていたんだけれど、聞いたとおりでした^^;

さっと食べて、部屋に戻る。


予定の時間よりも、早めにチェックアウト。

f0192411_21372362.jpg

ロビーはこんな感じでした。
ホテルの周りは、マンションがいっぱい。



駅まで行くのにタクシーを呼んでもらったら、
来てくれたのが、空港から乗ったタクシードライバーさん!
また会った~!!


f0192411_21391136.jpg

駅前です。


さよなら、ノヴァーラ。

ノヴァーラでは、あまり英語が通じず・・・
タクシードライバーさんも、カフェやビスコッティ屋さんのシニョーラも、
みんなイタリア語でした^^;



f0192411_21394360.jpg

トリノまでの切符を購入し、電車を待つ。
が、、遅れている。。




やっと電車が来て、乗り込むも、
やっぱりスーツケースを持って階段を上がって電車に乗るのはキツイ。
と、毎回思うのでした・・。笑
(それが大変なので、今回はスーツケースを持っての電車移動は最小限に!)


f0192411_220251.jpg

1時間ほどで、Torino porta nuova(トリノ・ポルタ・ヌオーヴァ)駅に到着。



f0192411_21401276.jpg




宿泊先までは、徒歩5分くらいなので、歩いて行くことに。


今回選んだのは、
「B&B Palazzo Bellini(パラッツォ・ベッリーニ)」


ホテルをどこにするか?かなーり迷って、色々見ている間に見つけた、こちらのB&B。
写真で見る部屋はとっても素敵だし、評価もとても高い!
3部屋のみだけれど、1室だけ空いてる!!

予約して、B&Bの人とメールでやり取りしたら、とても感じが良くて、期待大^^


駅からの道は簡単。
地図でもちゃんとチェックしておいたのに、ちょっと迷った・・・

と言うより・・・途中からアパートメントを通るたびに、
この辺かな?と入居者名をチェックしてたのに、
見落としていて、一つ先まで行ってしまった^^;
近くのお店のシニョーラに訊いて、無事発見。


呼び出しベルを鳴らし、名前を伝えたら、
思いっきりイタリア語で、「2階よ!」 と言われて・・・笑


エントランスをくぐったは良いけれど、
右か左か、どちらなの? とキョロキョロしていたら、
上から女性が「こっち、こっち~!」と(笑)
違う女性が、次の扉の鍵を開けてくれましたー。

f0192411_21404876.jpg

エレベーターは、旧式。
これ、好きなんです。


B&Bに入ると、シニョーラ(マダム)が迎えてくれました。
チェックインをして、部屋に案内されたら、
とーっても広くて、ものすごく素敵で、思わず声をあげてしまいました!

f0192411_22303636.jpg

f0192411_21411554.jpg

(18畳くらいだったのかしら?天井が高いので、もっと広く感じました)

「気に入った?」

と訊かれて、

「気に入った!」

とお返事を。


しかもイタリア語です(笑)

メールは英語でやり取りしていたけれど、
「今、英語を勉強中なの」と話されていて、
会話はほぼ、イタリア語です(笑)
そう、私だって英語は・・・・・・。


ほんの少しだけ知ってるイタリア語を言ってみると、
「a-monly、イタリア語できるじゃない!平気よ!!」
と、素晴らしく褒めてくれました・・笑


しかも、私の事をすぐに名前で呼んでくれて、
NYCのホストマザーを思い出す。


部屋に荷物を置き、リビングルーム(ダイニング?)へ。


f0192411_21431265.jpg

ここで、コーヒーと手作りのオレンジとチョコレートのケーキ、
クッキーやビスケットを頂きました。
ケーキがとっても美味しかった~♪


この日は、絶対行きたいと思っていた、
「Basilica di Superga(バシリカ・ディ・スペルガ)」スペルガ大聖堂へ。





中心部から少し離れています。

シニョーラに街の地図をもらったけれど、
スペルガ大聖堂は、そこには載っていません。笑


行き方を訊いて、返される言葉がイタリア語だから、
半分くらい理解できたところで、出発!
(分からなくなったら、誰かに訊ねようという甘い考えです。笑)


まず、ポルタ・ヌオーヴァの駅へ。
「15番のトラムに乗っていくのよ」
と言われたので、売店で、トラムのチケットを2枚入手(1枚は帰りの分)

そして、駅の東側にあるトラム乗場へ。
そこの路線図を見て、スペルガ大聖堂は見つけたものの、、

「15番のトラム?!」

うーん、、見つけられないし、さっぱり分からない。。
近くに居る人に訊ねたら、英語を話せる人を見つけてくれて、
その人が、詳しく教えくれました。
親切な人ばかり^^

とりあえず、「Sassi(サッシ)」まで行き、そこから登山電車に。

15番は、途中の広場まで行かないと乗れないから、
違うトラムに乗ってそこまで行き、乗り換えるらしい。

それか、61番か68番のバスで。
乗り場はここではなく、駅の正面を越したところ。


f0192411_2155432.jpg

という事で、乗り換えは面倒なので、バスに乗ることに。
駅正面を背にして、少し右側に68番のバス停が。
バスが周る停留所が全て掲示されているので、分かりやすい!

少し待つとバスが来て、いざ出発!

30分ほどで、サッシに到着。
ここから登山鉄道に乗るのだけれど、停留所からは見えない・・・

同じ停留所で降りた、多分、大聖堂に行くであろうイタリア人カップルが。
何となくお互い話しかけてみて、登山鉄道を発見。


f0192411_215816.jpg

こんな感じです。
遠くに大聖堂が見えます。


どうしてトリノ到着日にここへ??
それは、月曜日だったからです。

火曜は、登山鉄道がお休みなので、
スペルガに行くチャンスは月曜の到着日のみ。(車の方は問題ないでしょうけれど)


チケットを往復購入して、暫く待ちました。
うーん、寒いよ。。。


可愛らしい登山鉄道は、何だかアトラクションみたい。
どれくらい乗っていたかな?
気がついたら、スペルガ大聖堂の上部が見えていました。

f0192411_21594858.jpg

降りてから坂を上っていきます。
結構キツイです!笑

でも、道沿いは見晴らしが良い~!
晴れていたら、もっとキレイだったんだろうなぁ~
葉っぱも色づいてて、キレイでした。


f0192411_221614.jpg

山の上に建つ、美しい大聖堂。

18世紀に、サボイア公ビットリオ=アメデオ2世が
トリノの戦いでフランスに勝利したことを記念し、フィリッポ=ユバッラの設計により建造された。
地下にはサボイア家の墓所があるそう。
1997年「サボイア王家の王宮群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。
※ネットから抜粋。


f0192411_2212699.jpg

建物内は、こちら。


外観も美しいけれど、
建物内は、もっと美しかった!



f0192411_2214468.jpg



暫く居て、登山鉄道の駅へ。
暖かい待合室で20分くらい待ったかな?


f0192411_2245220.jpg

帰りは、15番のトラムで街の中心まで。
「Piazza Castello(ピアッツァ・カステッロ)」 カステロ広場で下車。

↑は、「Palazzo Madama(パラッツォ・マダマ)」 マダマ宮殿です。


f0192411_2295114.jpg

素敵なパッサージュがあったり、通りが素敵だったり。



チェックしていたお店を見て、EATLYにも寄って・・・



徒歩で宿泊先へ戻る。
途中、B&Bの並びのBIOスーパーで、お惣菜やカプチーノを購入して。


20時頃だったかな?
B&Bは、リビングも電気が消えてて、とっても静かだった。


f0192411_22145099.jpg

購入したお惣菜はどれも美味しくて、当たりだった~
・・・って、またお惣菜か・・笑


翌日へ続く・・・






<どうしてトリノへ?>


当初は、ノヴァーラに3泊して、日帰りトリノに行き、
その翌日は、ミラノに1泊しようと考えていたけれど、

ミラノ・スカラ座で、観たいバレエのチケットは既に売り切れ。
ならば2泊して、翌日から始まるオペラを観ようか、、
しかし、こちらも座席と値段が微妙で。。

そんな風に色々考えてたら、
トリノに行く日が月曜だという事に気がつき・・・
月曜だと、だいたいの美術館や博物館は休館。
・・・うーん、それではちょっと。。


結局、ミラノを今回(も?)諦めて、
トリノへ2泊することにしたのです。
[PR]

by a-monly | 2016-11-10 12:00 | Italy ’16 | Comments(0)