ベートーヴェン・ソナタ

3月中旬、数年振りの中村恩恵さん演出・振り付けの舞台
 
f0192411_00254599.jpg
「ベートーヴェン・ソナタ」

を鑑賞。



出演は、愛して止まないダンサー、首藤さん。
そして、新国立劇場バレエ団。


「力」に満ちた音楽を創った人とは、どのような人なのか。
素朴な興味から、ベートーヴェンの残した日記や手紙、そして多くの研究書を手に取るようになった。

「舞踊にて彼の電気的な軌跡をなぞってみました。」

劇場で配られたパンフレットには、こんな事が書かれていました。
(↑は、ほんの一部ですが)

そんなところから創られた作品なんですね~


ルードヴィヒ役は、首藤さん。
ベートーヴェンは、福岡雄大さん。


音楽は、勿論?!ベートーヴェン。

始まりのシーンは、モーツァルトだったかな。
はじめから、ぎゅっと胸をつかまれて、切なくなるような、
何だか涙がこぼれそうな、、

孤独が踊りにのって、こちら側に届く。
あぁ、観に来て良かったなって、序盤で強く思うことに。


首藤さんの舞台は、何年振りかな?
ここのところ、彼の舞台を逃してばかりいたから、
この日をとっても楽しみにしていた。

指先まで本当に美しくて、
踊るために生まれてきた人。
勝手にそんな事を思う。


この舞台を観て、ベートーヴェンと言う人を知ってみたくなった。
音楽の授業で、少しだけ勉強?したことと、
昔公開された、映画を観たくらいで、
他は何にも知らないなぁ・・・
あまりに有名な音楽家なのに!


中村恩恵さんの舞台は、何作か観ているけれど、
今回のが一番好き!


夏には、首藤さんの面白そうな舞台があるようで。
こちらも今からとっても楽しみ~



f0192411_00251801.jpg

新国立劇場もとっても久しぶり!
クラシックな劇場も好きだけれど、
モダンな劇場もいいですね~



舞台を観る前には、ちょっとした寄り道を。

それはまた次回で^^







[PR]

by a-monly | 2017-04-12 00:46 | だんす | Comments(0)