久々の

アクセサリー記事は久々です^^;



一ヶ月ほど前、友人の結婚パーティがありまして、
パーティで身につけるピアスのオーダーを頂いておりました。


ドレスや、ヘアメイクなどを予め見せてもらい、
どんなピアスが良いか考えた結果、



f0192411_1144251.jpg

こんなピアスを製作しました。


クリスタル×ゴールドベース。
少しクラシカルな雰囲気の、ゴージャスなスワロフスキーのピアスです。



友人にもとても喜んでもらえて、ほっとしました。



都内のレストランで立食形式の結婚パーティ。
「カジュアルな雰囲気で」という、新郎新婦の希望で、
飲んで食べて、お話して、、
とっても楽しくて温かくて、素敵なパーティでした☆


久しぶりや友人・知人にも会えて、嬉しかった~



さてさて、今年に入り、出展活動をしていない「A-mon」ですが、
9月にイベントに参加致します。


詳細はまた後日に!
[PR]

by a-monly | 2015-07-31 01:23 | あくせさりーづくり | Comments(0)

Italy日記 2

2都市目は


f0192411_047799.jpg


世界遺産、建築家アンドレア・パラーディオの街、
イタリアの3大貴金属製品生産地・年3回、国際ジュエリー見本市が開催される地、
ヴィチェンツァへ


4年ほど前に、友人に勧められて、初めて知ったヴィチェンツァ。
「a-monlyも、きっと気に入るはず。ぜひ行ってみて!」
と言われて気になり、さっそく検索したら、、、


なんと!とっても美しい街じゃない!!!


それから、ずーっと恋焦がれてました。
やーっと、想いを馳せた街へ!


・・・と言いつつ、以前、ミラノからヴェネツィアに列車移動した時に、駅は通ってるはずなんですねー。笑


今回は、ジュエリーフェアが開催されている時期ではないので、観光のみ。




パドヴァから列車で、15~20分位だったかな?
相変わらずイタリアの列車は、3段ほどステップがあるので、
スーツケースを持っての乗車はキツい^^;



f0192411_0541870.jpg

駅を降りると、目の前には左右に分かれた大きな公園「Campo Marzio(カンポ・マルツォ)」が。
真ん中を通る道、ローマ広場を4,5分ほど歩き、


f0192411_0561083.jpg




宿泊先の「Hotel Campo Marzio(ホテル・カンポ・マルツォ」に到着。


f0192411_0563490.jpg

外観は工事中。
中は改装されていて、とっても綺麗!
ですが、シングルなので狭い・・笑  でも充分!


荷物を置き、さっそく観光へ。

ホテルのスタッフに行き方を訊き、
パッラーディオ がヴィチェンツァに数多く残した傑作建築の 1 つ

「Villa Capra detta la Rotonda(ヴィラ カプラ デッタ ラ ロトンダ)」へ


タクシーか、バスで・・・との事で、バスを選択。
駅まで行ったものの、乗りたい路線のバス停が見当たらず、
バスを待つ人に訊いてみるも、、英語が伝わらない><

でも、ご親切に、その方が別の方に話してくださって、
英語が話せる方が教えてくださいました。

歩いても20分位だと。
しかし、、ものすごく暑かったので、やっぱりバスで・・笑


バスに乗りつつ思ったことが、、

アナウンスがない><

そうだった、、しばらく振りでイタリアに来たので、すっかり忘れてた。。



気がついたら、ロトンダを通り過ぎていて^^;
次の停留所で降りることに。


バスの中で、ガイドブックを持った女子が近くに立っていて、
彼女にも声をかけてみた。
やっぱりロトンダへ行きたいとの事。

一緒に降りて、高台に建つロトンダを目指し歩く。
かなーり歩きました(笑)


その女子は、スペイン人でマドリッドから来たとの事。
スペインからだと、近くて良いな!


暑い中、たくさん歩いたので、ロトンダに着いた頃には疲れてました(笑)



f0192411_112057.jpg


春~秋の水曜日のみ、建物内も見学できるとのこと。
この日は、水曜日! なんとラッキーな!!

四方にファサードがある、正方形の完全な対称形の建物。
よって、四方どこから見ても、全く同じ作り。
アメリカの現在のホワイトハウスは、こちらがモデルになってるんだとか。

残念ながら、内部は撮影禁止。
真ん中ホールを見上げると、上はクーポラになっていて、まるでドゥオモみたい。
美しいフレスコ画に、豪華な装飾。
当時は、どんな生活を送っていたのだろう?と想像を巡らせてしまう。



ちょうどこの時、友人より
「時間があったら、ロトンダから歩いてすぐのVilla Valmarana ai Nani(ヴィラ・ヴァルマラーナ・アイ・ナーニ)も行ってみて。とても美しいから!」
とのメッセージをもらっていて、


f0192411_1491767.jpg

行ってみました。
友人の言う通り、美しい~ヴィラでした。
が、暑さと喉の渇きで疲労が、、、^^;


中にカフェがあったので、一休み。


さぁ、ここからどうしよう? バスは1時間に一本しかないらしいし、、
郊外にある、ボッテガ・ヴェネタのアウトレットが気になり・・笑


タクシーを呼んでもらい、アウトレットへ直行。

帰りもまた、タクシーで。

More
[PR]

by a-monly | 2015-07-27 23:54 | Italy ’15 | Comments(0)

Italy日記 1

イタリアから帰って、早1ヶ月。
やっと旅日記が始まります^^;


f0192411_23191547.jpg



イタリアは、どの都市も見所がいっぱい。
どこへ行こうか? 悩みに悩み、、 シチリアやサルデーニャに行きたい気持ちが物凄くあったのですが、
今回は、北イタリアのPadova(パドヴァ)・Vicenza(ヴィチェンツァ)・Genova(ジェノヴァ)を周る旅に。


始めの訪問都市、パドヴァへは、ヴェネツィア空港を利用。
利用しているアライアンスがスカイチームの為、ヴェネツィア到着は夜遅い便がほとんど。 
今回、往路便は、スキポール空港乗換えのKLMにて。

乗り換え待ち時間、5時間半!笑 長いっ!!
しかも、飛行機が予定より30分早く到着し、6時間に!


街まで行こうかとも思いつつ、何かあって次の飛行機に乗れないと困るので、
結局、空港を出たところ止まり。


f0192411_2327126.jpg


イミグレがとても混んでいてビックリ。
以前、スキポールで乗り換えしたときも、アムスに行った時も、割と空いてたので、
こんなに混んでるとは~・・・と飽き飽きしながら待ちました。
でも私には時間が沢山ある(笑)


以前、アムスで食べたアップルタルトが忘れられなくて、
そのカフェが、空港にあるので、ルンルンで行きました(笑)

でも!以前のアップルタルトとは違った・・・笑
これはこれで、美味しかったけれど、以前の方が好きだったなぁ~。

スキポール空港を利用する度に気になってしまう、
「BUBBLES」
毎回、遠目で眺めて終わりですが・・笑



その後は、ちょっとしたお買い物などしながら、次の便の登場ゲートの方へ。
いつも機内で眠れないので、疲れと時差ボケと眠さに耐えられず、
イスに座り、荷物を抱えて、うたた寝してました(笑)


ヴェネツィア行きの便は、ビジネスマンらしき人が多かったなぁ~
東洋人は、私だけ(笑)


夜10時過ぎにヴェネツィアに到着し、予め予約しておいたシャトルバス(乗合タクシー)で、パドヴァへ。
シャトルバスは、何人か乗せて行く為、全員が揃うのを待たなければならないのですが、
お値段が安価で、目的地で降ろしてもらえるので良かったです!


宿泊先は、パドヴァの駅前 「Hotel Grand'Italia(ホテル グランディタリア)」

f0192411_23434068.jpg

列車移動には大変便利。
古い建物ですが、中は改装されていて、清潔で綺麗です。
天井が高いので、シングルでも狭さをあまり感じませんでした。
でも、バスルームが・・・写真でお分かりでしょうか?
シャワーブースの足元に、段差がありません^^;
バスルーム中に水が流れてしまうかもー!? と心配してしまいました(笑)


そして、翌朝・・・

長いのでこちらから
[PR]

by a-monly | 2015-07-20 01:25 | Italy ’15 | Comments(6)

前橋汀子 アフタヌーン・コンサートVol.11

何だかバタバタの日を送っておりまして・・・旅日記用の写真整理ができていません(笑)


そんなわけで?! 旅日記の前に・・・
先々週末のこと、母と恒例化している前橋汀子さんのヴァイオリンコンサートへ行ってまいりました。


まず始めに、六本木一丁目のPAULで軽くお昼を食べて。
そうそう、六本木一丁目からサントリーホール手前まで遊歩道が出来ていました。
新しいビルの中を通って行くのですが、
美味しそうなお店や、青山にもあるバーガーショップ「the 3rd burger」もありました。


f0192411_131017.jpg

場所はこちら。 いつものサントリーホール。


この日は幸運にも、前橋さんの表情もよ~くみえる前方の席。
70代だと思われる前橋さん、とてもそのお年には見えなく、変わらずお美しい!


一部は、ヴァイオリン・ソナタ
イタリアから戻って、数日後だったので、時差ぼけがまだ抜けず、
気がついたら10回くらい、一瞬夢の中へ・・・^^;



そして2部が始まる前に、2F席でざわざわ。
カメラも2台回ってる・・・
あれ?誰か北?? 政治家? 芸能人??


なんて思っていたら、なんと!!! 皇后様がいらっしゃいました。
私たちの席から、5m程のところに、皇后様が!!!
会場から溢れんばかりの拍手。
もう、大感激!!
母は、「感激して涙が出そう」と申しておりましたが、
ええ、本当にそういう気持ちになります。

さてさて、2部はお馴染みの曲などを6曲。
一気に時間が経ってしまい、アンコールへ。
今年も4曲!


皇后様と同じ空間に居られた感激と、前橋さんの美しいバイオリンの音色。
今年も母と一緒に来られたこと。
この日、誕生日前日だった自分への最高のプレゼントだった気がします。

昨年も
[PR]

by a-monly | 2015-07-01 01:47 | みゅーじっく | Comments(0)