「ほっ」と。キャンペーン

イタリア日記 9

南イタリア滞在3日目。


この日は、まず始めに、南イタリア行きのきっかけになった
「Lecce(レッチェ)」へ。

am7:18 カステッラネータ発の電車に乗るため、早起きです(笑)



オーナーさんに駅まで送っていただき、電車を待つ。



f0192411_10553897.jpg

駅に着いたときは、まだ夜が明けてなかったのですが、
電車が着くころには、明るくなってました。



券売機もない無人駅なので、昨夜webにてチケットを購入。(して頂きました)
その場合、打刻する必要はありません。


電車に乗り込み、まず「Tarant(ターラント)」まで。
そこから、レッチェ行きの電車に乗り換えです。


「Inter City(インテルシティ)」 インターシティなので、
6人がけの向かい合わせボックスシート。
一つの部屋になってます。


ターラントからレッチェまで1時間とちょっと。

残念ながらレッチェは雨。 しかも沢山降ってる!!><
途中まで雨は降ってなかったのに・・・



f0192411_10561598.jpg

駅前と旧市街入口


目指すは旧市街。
駅から5分ほど歩いたところに旧市街の入口が。

旧市街と新市街は地面で分かります。
石畳とアルファルトの境目が。
今回行った街は、全部そうでした・・・イタリア中、全部なのかな??


イタリア鉄道の最終駅でもあり、ラテン語で”地の終わるところ”とも呼ばれている、
洗練されたエレガントな町として、欧米の観光客が多く訪れる、
バロック様式建築であまりにも有名な、プーリア州第3の都市レッチェ。


そんな風にネットで見ていたので、とても楽しみしていたレッチェ。


「南のフィレンツェ」

とも言われているそう。


f0192411_1057268.jpg

雨なので、写真は殆どスマートフォンで。


シーズン外れ?のせいか、雨のせいか、時間が早いせいか、
人通りは少ない。


始めに円形闘技場を目指したはずなのに、
適当に歩いて行ったため、教会に辿りついた(笑)


f0192411_1057509.jpg

「Chiesa di S.Matteo(キエザ・ディ・サン・マッテオ)」 サン・マッテオ教会





そして、少し歩くと、
f0192411_10591636.jpg

「Chiesa di S.Chiara(キエザ・ディ・サン・キアラ)」 サンタ・キアラ教会



こちらで、円形闘技場の場所を訊ねたら、すぐそこにあるよう。




f0192411_10593357.jpg

ここです!
ローマ帝国時代の円形闘技場跡 「Anfiteatro Romano(アンフィテアトロ・ロマーノ)」
迫力あります!!

なんでも、これは競技場の4分の1で、その他は広場を囲む建物の下に眠っているのだとか。
ローマコロッセオのミニチュア版・・・すなわち、ここで行われていたことは・・・。


f0192411_1102883.jpg

内部見学もできるようでしたが、雨も降っているし、外から見て終わり。

写真右上は、
「Piazza S.Oronzo(ピアッツァ・サン・オロンツォ) サン・オロンツォ広場の中心にそびえ立つ
レッチェの守護聖人「Colonna di S.Oronzo(コロンナ・ディ・サン・オロンツォ) 聖オロンツォの円柱。



さあ、ここでカフェタイム。
本当は、「Natare(ナターレ)」でジェラートを食べる予定だったけれど、
寒さに負けて断念^^;



f0192411_1111044.jpg

ヌッテラのタルトとコーヒー。
これで、€3.1!
安い!(今回行った都市・町はどこも安かった)

食べながらルートを考える。


次は、「Basilica di S.Croce(バシリカ・ディ・サンタ・クローチェ」 サンタ・クローチェ教会

f0192411_1115422.jpg

あー、、、、修復中。。。

でも中には入れました!


大きくて、美しい教会。
ファザードが美しくて有名みたいですが、足場がかかってて残念><





そこから歩いてすぐ、
旧市街地のほぼ中心に位置する



f0192411_115480.jpg

「Piazza del Duomo(ピアッツァ・デル・ドゥオーモ)」


向かう途中、さすがに人が増えてきて、
海外の団体ツアー客も何組かすれ違った。



f0192411_1152334.jpg

高さ約70mの「Campanile(カンパニレ)」 鐘楼
「Duomo(ドゥオーモ)」 大聖堂
「Pal. Vescovile(パル・ヴェウコヴィーレ)」 司教館
「Seminario(セミナリオ)」 元神学校

と、4つの建物が。
元々ここはローマ帝国時代の広場があったところで、
大聖堂拡張時に鐘楼と神学校を作った為左右にあった入り口が塞がれてしまったそう。

「ライトアップされた夜景もロマンチックなので夜のお散歩もお勧め。」
とのことだったけれど・・・レッチェに泊まらないので、夜景が見られなくて残念。


大聖堂の地下礼拝堂に行きたかったのだけれど、
閉まっていて(時間がギリギリだったせい?) 断念。。

元神学校は、バロック彫刻が見事な井戸、現代美術と教会所有の美術品が展示されています。
が、閉館時間の関係などで入館せず。
井戸だけでも見ておくべきだった(泣)



時間が迫っていたのは、他も見学したいところがあったから。
この時で、11時半を周っていたかな?


見たかったところは、こちら


f0192411_115535.jpg

「Museo Teatro Romano Via degli Ammirati(ムゼオ・テアトロ・ロマーノ・ヴィア・デッリィ・アンミラティ)」
ローマ劇場博物館 

€3で見学できます。
お昼で一度閉まってしまうのですが、ギリギリで入館!
見学者は、私一人だけ(笑)


中は、衣装や、建物の柱や壁?などが展示されていて、
劇場にも出られます。


でも雨~・・・^^;

石造りなので、滑りそう(笑)



ローマ劇場を後にし、サン・ロレンツォ広場を通り、
「Castello di Carlo Ⅴ(カステッロ・ディ・カルロⅤ)」 カルロ5世の城へ。



f0192411_1162875.jpg

こちらは、外観のみを見て・・・
中へは入れたのかな??
お城を半分ほど周ってみたけれど、それらしき入口は発見できず。
まぁ、完全にリサーチ不足です。笑





「地産のレッチェ石で彫られたバロック建築で、黄昏時は、町が蜂蜜色に輝くとても美しい町。」

「水を含むと柔らかくなる石灰岩の特質を生かし・・・・・・また天候によって色が変わる石灰岩は、微妙に街の表情を変化させる。」


こんな事を読んでいたのですが、
確かに、雨だったこの日は蜂蜜色でした。
それがとても美しかった!

晴れていたら、白っぽかったのかな?
そんな事も確かめるために、またゆっくり来たいな。 晴れているときに!





想定していたよりも、時間が早かったため、
次に「polighano a Mare(ポリニャーノ・ア・マーレ)」へ移動することに。

レッチェで一日かかってしまうかな?なんて思っていたけれど、そんなに大きな街でもなさそうで、
一応、次に移動できそうな場所への電車時刻などを、前夜に調べておいて良かった~!

ポリニャーノ・ア・マーレとその後
[PR]

# by a-monly | 2016-11-28 11:40 | Italy ’16 | Comments(0)

イタリア日記 8

マルティーナ・フランカより続きです。



f0192411_15123270.jpg

ここから街を眺めることを、楽しみにしてました♪
円形に連なる白い建物たち。
夜はきっと、もっと美しいんだろうな~!



こちらも、迷路のような旧市街を練り歩く。




f0192411_151330100.jpg

入口には、小さな石造りの教会が。






f0192411_1514405.jpg

教会が沢山あります。






f0192411_1513509.jpg

お花がいっぱいの可愛い街♪







f0192411_1515870.jpg

とっても気に入りました!






f0192411_1515252.jpg

トラットリアの壁にはイスが・・・面白い!




さぁ、ロコロトンドを後にして、
「Alberobello(アルベロベッロ)」へ。


向かう途中、
リストランテ「La Greppia del Frate(ラ・グレッピア・デル・フラーテ」
でランチ。



メニューはお任せしました^^


f0192411_15191088.jpg

前菜はいっぱいの種類が少しずつ。
マルティーナ・フランカの名物 「Capocollo(カポコッロ)」も頂きました♪
生ハムみたいなもので、美味しかった~
日本へ買って帰れないのが残念・・・。


「少しずつ」とは言え、前菜でだいぶお腹がふくれてしまい・・・^^;


f0192411_15193944.jpg


お次はパスタ。
オレキエッテ2種類のソースをシェア。

どちらも、とっても美味しかったですが、トマトソースの方がより好みでした♪



お腹がいっぱいになったところで、
アルベロベッロに向かって出発!



f0192411_15221097.jpg





10年ほど前に、ツアーで訪れた事がありますが、
いわば「団体コース」

滞在時間は、ランチ時間を入れて2時間くらいだったと記憶してます。


もう一度、ゆっくり見たい!
前回行った時に気に入ったレザー小物のお店にまた行きたい!
と思っていたので、アルベロベッロをリクエストしました。




f0192411_15222979.jpg

まず、教会へ。
こちらはお初です。


トゥルッリの教会。
絵になりますね~


その後に、行きたかったお店へ・・・・・



ですが、閉まってる><


張り紙も何もなし・・。
「もしかしてお昼休みかも?後でもう一度来ましょう」
とオーナーさんが言ってくださったので、
散策を先に。






f0192411_15231517.jpg

シーズン外れ?のせいか、以前来た9月よりも、
環境客は少なかった~
混雑してるより、こっちの方がいい^^






f0192411_15233567.jpg


2階建てトゥルッリの中を見学できる博物館があるとのことで、
行ってみました。

お昼休みじゃなくて良かった~!






f0192411_15235223.jpg

結構広いお家でした。






f0192411_15241046.jpg

その近くの教会は残念ながら閉まってる。。



最後にもう一度、レザー小物のお店に行ってみるも、
やっぱり閉まってる・・・(泣)

長いお昼休みなのか、お休みなのか・・・
張り紙も何もないので、分かりませんでした。

周りのお店は開いてたのになぁ~


残念!



アルベロベッロを後にし、帰路へ。



f0192411_15243863.jpg

途中、牧場が沢山あったり、
ノーチ(写真右)の街を遠目で見て、
ノーチ出身の知人を思い出す。



カステッラネータについて、B&Bに戻る前に、
展望台に寄ってくださいました。



f0192411_1537012.jpg

どうです? この絶景!!!
高所恐怖症の私は、下を覗き込むのがちょっと怖かったけれど(笑)
目にしたときの感動と言ったら!!

自然って凄いですね。


この渓谷は、Gravina(グラヴィーナ)と言うそうで、
グラヴィーナの説明は・・・
B&Bオーナーさんのブログに書かれています。
ご興味のある方は、こちらからどうぞ^^


その後、街の大きなスーパーに寄っていただき、B&Bへ。



お昼を沢山食べたおかげで、夜も殆どお腹空かず。笑



翌日の予定を決めて、オーナーさんに相談。
翌朝は早く出発するため、早めに就寝。



続く。
[PR]

# by a-monly | 2016-11-22 12:00 | Italy ’16 | Comments(0)

イタリア日記 7

南イタリア2日目は、3つの街へ



まずは朝ごはん♪

f0192411_12554787.jpg

パンの種類が豊富で嬉しい♪
プーリアはフォカッチャが有名なようで、美味しかったです!
リグーリアのフォカッチャとは、少し違うタイプ。
美味しいカフェに生絞りオレンジ、写真はないけれど、スクランブルエッグも!


この日は、B&Bのオーナーさんにアテンドをお願いしておりました。


朝ごはんを済ませて、9時半頃に出発!



車から見える、オリーヴ畑やミカン畑が広がる風景は、のどか~
北イタリアとは全然違います。


はじめの街は、”白いバロックの町”という異名を持つ
「Martina Franca(マルティーナ・フランカ)」


南イタリアだから、暖かいと勝手に思っていたら・・・
標高が高い街なので、結構寒かったです。笑


f0192411_12572373.jpg

車から降り、旧市街へ。


f0192411_12573948.jpg

ここがサント・ステファノ門 (Porta di Santo Stefano)です。



f0192411_1258395.jpg

まず、「Palazzo Ducale(パラッツォ・ドゥカーレ)」 ドゥカーレ宮殿を見学。
現在は、役所になっていますが、一部見学ができるとの事。


f0192411_12585196.jpg

次々に続く部屋に入っていくと、


f0192411_130268.jpg

とにかく豪華。
パステルカラーが主体で、明るい雰囲気があります。
ナポリにある、カゼルタ宮殿と内装が少し似ている気がしました。


12月に公開される映画(イタリア映画)の撮影に使われたという部屋も見学しましたが、
どこの部屋だったか・・・・・・^^;


f0192411_1304032.jpg

アート作品も展示されていたり、
結婚式を挙げる部屋や、絵で壁が埋め尽くされた部屋があったり。



その次は教会、

f0192411_1314418.jpg

「Basilica di San Martino(バシリカ・ディ・サン・マルティーノ)」 サン・マルティーノ大聖堂へ。



f0192411_1323298.jpg

教会手前は、
「Piazza Maria Immacolata(ピアッツァ・マリア・インマコラータ)」 マリア・インマコラータ広場



f0192411_1325531.jpg

教会内は、こんな感じ。
美しいです!



サン・マルティーノ大聖堂に入る前に、近くにあった小さい教会を見学。
f0192411_134139.jpg






教会の後は、オリーヴオイルの試飲へ。

f0192411_1352027.jpg

ヌーボーを含め、何種類も試飲し、
気に入ったものの小さいサイズをお買い上げ♪
トゥルッリのビンが可愛かった~(中身はオイル以外も色々ありました)





f0192411_1362479.jpg

迷路のような旧市街を歩き、色々説明を聞く。
昔、自宅からパン生地を持って行って、焼いてもらっていたという、
パン釜?パン焼き場(?!)の名残も。





f0192411_1364143.jpg

この街は、どこも門が素敵。


f0192411_1395626.jpg

そして、公園から次に行く街を望む。
「Locorotonda(ロコロトンド)」です!
・・・でも遠すぎて見えませんね。。
肉眼では、ちゃーんと見えたのですが・・^^;



公園隣の教会
「Chiesa del Carmine(キエザ・デル・カルミネ)」 カルミネ教会や
旧市街を歩いてる途中に小さな教会へも行きました。



マルティーナ・フランカの後は、次の日記で!

こんなところが・・・
[PR]

# by a-monly | 2016-11-21 13:30 | Italy ’16 | Comments(0)

イタリア日記 6

滞在5日目のこの日は、トリノ・カゼッレ空港からバーリ・パレーゼ空港へ。
(※備忘録含めなので長いです。)


朝、7時半ころに出発しようと、
支度をして部屋を出てみると・・・真っ暗。笑
程なくして、シニョーラがやってきた。
てっきり、このB&Bに住んでいるのかと思っていたら、どうやら違うところに住んでるみたい。


来るなり、
「コーヒー飲む?」
「ブリオッシュやチーズ食べる?」
と、ささっとテーブルにクロスを敷き、食事の準備をしてくれた。
とっても手早くて親切!


f0192411_13215228.jpg

コーヒー味のヨーグルトがあって、試してみることに。
うん、まんまコーヒーの味だけれど、美味しい♪
これ、日本でもあれば良いのになぁ~


そして、
「a-monly、タクシー呼ぶんだったわよね?」
と、私のフライト予約表を見ながら、
タクシードライバーに電話をかけるシニョーラ。

8時半に迎えに来てくれるとのこと。
少し時間があるから、ゆっくり朝ごはんを食べながら、
スマートフォンで事前チェックインをしようと思ったら・・・
なんと、、、
「こちらの予約は確認できません」
とのメッセージが!!!


え?え”? そんなハズない><


万が一、本当に予約がされていなかったら・・・
違う便に乗るか、時間はかかるけれど、電車でバーリまで?!
とにかく、確認してどうするか決めないと!

と、航空会社に国際電話・・・。
繋がる時間で良かった。

そうしたら、システムのエラーなのか?
予約はちゃんとされているよう。
「そのまま空港まで行って、チェックインをしてください」
との事。

あぁ、、良かった(泣)


トリノからバーリまでは、マイレージで予約をしたのだけれど、
そういえば、予約の時にもウェブサイトがシステムエラーで、
電話して予約したんだった・・・。


酷く焦ったけれど、これで一安心。

f0192411_13222154.jpg

住み着きたいくらい、私好みのこのB&Bの写真をあちこち撮ってるうちに、
ドライバーさんが迎えにきてくれた。
しかも15分前! イタリアタイム?!ではありません(笑)

シニョーラと、ハグとバーチョ(キス)でお別れ。

次にトリノに来るときも、またここへ泊まるからね!


帰国してからシニョーラに、↑な事も含め、メールをすると、
「忘れないでね、ここはあなたの家よ!」
との嬉しい返信が^^


この日から、私の中で自宅インテリア改造計画中・・・
いや、妄想中?!




タクシーに乗り込み出発。
トリノの街ともお別れ・・・


始めに告げられた到着時刻、ぴったり30分で空港に着き、
ドライバーさんともお別れ。


f0192411_1323514.jpg

空港は、とっても空いていて、一瞬でチェックイン終了。

さーて、どうしよう?
とりあえず、セキュリティーをくぐって搭乗口の方へ。


ちょっとお土産を見たりして、
チョコレート屋さんの前に座り、
ジェラートを食べるか?食べないか?

f0192411_13241375.jpg

アクアパンナを飲みながら散々悩む・・・笑



結局、食べずに搭乗時間。


まず、トリノからローマ・フィウミチーノの空港へ1時間くらいのフライト。


ローマでの乗り換え時間は3時間。

帰国便もローマ乗換えだけれど、
乗り換え時間があまりないので、
この日に免税店などを見ておくことに。


そして、ちょうどお昼時なので、
搭乗口近くのカフェで、お昼ごはん。


ピッツァも美味しそうだったけれど、
ポルケッタのパニーノに目が釘付け!


f0192411_13362319.jpg

ポルケッタパニーノとコーヒーをオーダーし、席に着く。


巨大な(笑)パニーノを食べていると、
目の前の席で、大きなサンドイッチを食べていたシニョーラが、
「大きいよね」と話しかけてきた。


推定70歳前後のシニョーラ。
これからバルセロナへ行くらしい。

「英語があまり喋れないんだけれど」

と言っていたけれど、全然喋ってる!

暫く、イタリアの住んでいる土地のお話なんかを聞いて、楽しい時間を♪


そろそろ搭乗時刻・・・だけれど、遅れてます。


飛行機に乗っても、なかなか出発せず、
結局、1時間くらい遅れたかな?


ローマからバーリ・パレーゼ空港までも1時間ほどのフライト。



飛行機から、世界遺産「Castel del Monte(カステル・デル・モンテ)」が見えた~!
けれど、写真は撮れず・・・。
今回、行く予定がなかったから、機内からでも見えて良かった~♪




バーリ空港に到着してからは、電車にて
「Castellaneta(カステッラネータ)」へ


まず、空港からバーリ中央駅までの電車に乗る。


切符売場に係りの人がいたので、
「カステッラネータまで行きたい」と伝えたら、
「バーリまで行って、そこから切符を買って」とのことで、
ここではバーリ中央駅までの切符を購入。


f0192411_13254525.jpg

ながーい通路を歩き、やっと改札口へ。

写真下真ん中が切符。
改札でQRコードを読み込むとゲートが開きます。

電車を待つ人は、私のほかに2人。
閑散としてます(笑)


少し待つと、電車が到着。
バーリ中央駅までは30分くらい。
終点なので、乗り過ごす心配もない。


バーリに着くと、雨が・・・・・。

ターラント方面に行く電車が見当たらないので、
駅のスタッフに訊いてみると、
「あっちの駅から乗って」と。

どうやらこちらは、空港とバーリ間を結んでる駅で、いわば空港路線?


バーリ中央駅は目と鼻の先。


カステッラネータまでの切符を購入し、


f0192411_13274641.jpg

とりあえず、カプチーノを飲む。笑



予定してた時刻の電車に乗り、
途中、乗り過ごさないように駅を確認しながら、
1時間ほどでカステッラネータに到着。


スーツケースを転がし、ドアの前へ。
ドアを開けるには、ボタンを押さないといけないのだけれど、
なんと、、ボタンを押してもドアが開かない><


うそ? うそ?? うそっっ???

もう一人、この駅で降りようとしていたイタリア人男子が。
その男子が押してもやっぱり開かない!


そうしたら、男子が隣の出口へと走って行き、
私も焦って、走っていこうとするも、スーツケースが座席にガツガツ当たって上手く走れない!!

この電車、日本の新幹線のような作りで、
車両の両側にドアがあり、通路を挟んで、両側に座席が並んでるタイプ。


ここで降りれなかったら・・・次の駅まで行って、戻ってくる電車は何時なんだろう?
なんて、頭の中はプチパニック!


なんとかドアのところまで来たら、
さっきの男子がドアを抑えて待っててくれた(泣)
なんて親切なの!!!


男子のお陰で、無事に降りることができました。
彼に感謝!!



駅のホームで、宿泊予定のB&Bのオーナー夫妻が待っててくださいました。


ドアが開かなかった話などをしながら、車に乗り込む。


駅の周りはなーんにもありませんでした。
もうすっかり夜になっていて真っ暗!


1日がかりでカステッラネータに到着。
さすがに疲れました(笑)



この日より4日間お世話になる
「B&B Casa di Leo(カーサ・ディ・レオ)」
奥様は日本人で、ご主人はイタリア人。


始めは、Lecce(レッチェ)に宿泊しようと思っていて、
南イタリアのことを色々検索していたら辿り着いた、こちらのB&B。

日本語が伝わるって心強いし、とってもリーズナブルなお値段。

こちらの街に泊まって、あちこちへ電車で行けそうだし、
有料で、空港送迎やアテンドもしてくださるとのこと。


とっても良いところを見つけました♪


f0192411_1340409.jpg

お部屋は、専用の出入り口があり、
アーチ型の天井は高く、広々~
「南イタリアだなぁ~」と思う、可愛い雰囲気のお部屋。
ベッドには、花柄の可愛いカバーがかかっていましたが、
上から毛布をかけてしまって・・・^^;



f0192411_13292410.jpg


近くのスーパーがまだ開いてる時間だったので、
とりあえずスーパーへ。


で、またしてもお惣菜を(笑)


レストランも教えていただきましたが、
疲れちゃって行く元気が無かった・・・^^;



翌日、南イタリア観光へ続く・・・





※ 旅写真は、インスタグラムにも投稿中!
   https://www.instagram.com/a_mon_jewelry/
  
  食べ物写真はこちら
   https://www.instagram.com/amon_sweetsfood/

空港選びの独り言など
[PR]

# by a-monly | 2016-11-18 14:28 | Italy ’16 | Comments(0)

おもてなし時間

イタリア日記を少しお休みして・・・


10月のとある日、友人が遊びに来てくれた時のことを。


季節外れになってしまったけれど・・・
f0192411_2030518.jpg

こーんな可愛い、レクレール・ドゥ・ジェニの
ハロウィンエクレアを持ってきてくれました♪


可愛くて食べるのが勿体無い!


7月にイタリアへ行ってきた友人、
そして、10月下旬にイタリア行きを予定していた私。


そんな訳?!で、メニューはイタリアン系♪
・・・と言ってもパスタくらい?笑



f0192411_20342333.jpg

まだ暑かった、この日の前菜は、
・アスパラガスのパンナコッタ
・タイとパイナップルのスイートチリソース和え
・生ハム&ゴールドキウイ
・プチトマトとモッツァレラチーズのマリネ


お皿がうまらなくて、パンを並べてみたという・・・・・^^;



そして
f0192411_20373100.jpg

カルボナーラ♪
私の大好物です!笑



メインは
f0192411_20373326.jpg

ローストチキン with マッシュポテト

上にタイムをのせようと思って、すっかり忘れてた(汗)



NYCでルームシェアしてから、仲良くしてもらってる友人。
たったの4日間だったけれど、アパートメントのルーフトップで、
毎日色々お喋りして一緒に過ごした夜。

その日々が本当に素敵で、たまに思い出しては恋しくなる。


共通点も色々あったり、帰国便が偶然にも同じで、しかも座席が前後!だったり。


そして日本に帰ってからも、たまに連絡したり、食事したり、
時には展示会に来てくれたり、一緒に舞台を観に行ったり。


今もこうして、お付き合いできてる事を、とっても嬉しく思う。


どうもありがとう!!

そして、エクレア2つは・・・
[PR]

# by a-monly | 2016-11-15 12:00 | ごはんあっとほーむ | Comments(0)