「ほっ」と。キャンペーン

Italy日記 1(はじめに・・・)

f0192411_1559125.jpg



またしても、イタリア一人旅。
始めに色々と・・・


本当は、9月初旬にイタリア・ヴィチェンツァで行われる大規模なジュエリーショー
「Vicenzaoro(ヴィチェンツァ・オロ)」
を見に行きたいね~ と、仲良くしてる彫金作家と話していて、
それを、ヴィチェンツァ出身の友人にも伝えてたんだけれど、
結局、みんなのタイミングが合わず見送ることに。。


でも、やっぱりイタリアに行きたい!と思っていて、
友人が出演するバレエ公演に合わせ、イタリア行きを決定したのが、
出発の2週間前!笑

イタリアを引っ掛けて、ポルトガル・リスボンに行くか、
イタリアだけにするか、と迷って、
結局、直前になっての決定。


しかも、ホテルや途中の飛行機移動のチケットを取ったのは、一週間前だったかな・・?^^;


なので、大した下調べもせず、出発当日。



f0192411_165194.jpg

今回は、アリタリア航空にて、ミラノへ直行便で。

マイレージの関係で、スカイチームを利用しているため、
成田空港ばかりですが、最近は、空港も空いてるし(私が乗る便の時間帯なのかも?)
これも、結構良いかなぁ~なんて思っています。

特にアリタリアのミラノ便は、13時ごろ出発なので、朝早くなくて良い!笑



f0192411_1682593.jpg

13時間位のフライト時間を経て、やっとミラノに到着。

到着したのは18:30頃、日が暮れ始めてました。


今回の最初の訪問都市は、Novara(ノヴァーラ・ノヴァラ)
ミラノ・マルペンサ空港より、30kmほどの小さな街。
空港からバスもあったけれど、本数が少なく、時間も微妙。
どうせ、ノヴァーラ中央駅で降りてから、ホテルまでタクシーに乗らないといけない。

予約していたホテルに、ハイヤーやシャトルバスは無いか?と訊ねたところ、
そういったサービスはないけれど、タクシードライバーを紹介する。と返答がきたので、
予約をお願いしました。
ドライバー名と携帯電話の番号を聞いていて、
「何かあったら連絡する」 という事にしていましたが、
到着口で、問題なく会えました。


狭い道でも、かなーり飛ばしていて・・・(さすがイタリアです。笑)
そのおかげ?!で、30分かからずホテルに到着。
料金も、空港でタクシーをつかまえるより、はるかに安かったです。


選んだホテルは、街の中心部より少し離れた
「Hotel La Bussola(ホテル・ラ・ブッソラ)」

小さい街なので、とにかくホテルが少ない。
次の電車移動を考えて、駅近くか、劇場近くに泊まろうと探していたけれど、
あまり良いホテルがなく・・・ 評価も良かった、こちらに泊まることに。



f0192411_16183544.jpg

シングルですが、キングサイズのベッド。
ゆったり眠れます!
古い4つ星ホテルですが、部屋は改装されていたようで、綺麗でした。(翌日のお掃除は??残念でしたが)
写真でもお分かりのように、シャワールームは振り返れないほど狭かった(笑)


ホテルに着いた頃はすっかり夜で・・・
街の中心部までご飯を食べに行く元気もなく・・笑
隣にあった、カルフールでお惣菜を買い込んで、部屋で夜ご飯。


一人だと、こんな感じが多いです^^;


f0192411_16222246.jpg

載せるまでもないと思いつつ・・・

野菜のトマト煮?に、ピリ辛オリーヴ。 そしてポルケッタとパン、デザートにチョコレートムースも。笑
あとは、エスプレッソをテイクアウトして。


日付が変わる頃、廊下や隣の部屋が騒がしくなり、
英語が沢山聞こえてきて、もしや・・・?
なんて思ったのが的中。



と、そんなお話は次回に。
翌日は、ノヴァーラの街へ繰り出します!
つづく・・・
[PR]

# by a-monly | 2016-11-06 16:32 | Italy ’16 | Comments(0)

イタリアに・・・

ブログを半月も放ったらかしてる間に、イタリアへ行っていました。


f0192411_22195978.jpg



北イタリアと南イタリアを周った旅。



これから、のんびりupしていきたいと思います!
[PR]

# by a-monly | 2016-11-01 22:20 | Italy ’16 | Comments(0)

アマトリチャーナ募金

8月24日にイタリア中部でおこった大地震。

その支援活動に参加しました。


f0192411_11122094.jpg


Un AMATRICIANA per AMATRICE

アマトリチャーナを食べて被災地支援をしよう!
と言う、アマトリチャーナ募金がイタリアで拡がり、世界へ。


イタリア繋がりの友人が誘ってくれた、
イタリアンレストラン 「il batticuore」 にて。




f0192411_11124388.jpg

前菜・アマトリチャーナ・ドルチェ・カフェのコースを。
以前、こちらのレストランでのイベントに誘われて、体調不良でいけず、、
それからずっと気になってたので、楽しみにしていました。

お料理はどれも美味しく、友人とイタリア話が弾む♪

気がついたら、あっという間にランチタイムが終わる頃に・・・。


その後は、伊勢丹新宿で開催されいたイタリアンフェアへ。
・・・・・・激混みでした^^;
ワインの試飲して、色々見たけれど、結局何も買わず・・・。


フェアはしごじゃないけれど(笑)
お次は小田急新宿で開催されていた「北海道展」へ。

小田急に行ったメインは、北海道展ではなかったのだけれど、
結果的、北海道展がメインになっちゃったかな?笑


ルタオで、ソフトクリームパフェ?!を食べ、
美味しそう~なホットドックに惹かれたけれど、お腹に余裕なし(泣)



そんなわけで?! 食の一日でした^^



イタリア大地震の被災地が、1日でも早く復興しますように。
[PR]

# by a-monly | 2016-10-11 01:00 | おでかけ | Comments(0)

展覧会ハシゴ~再び2~

疲れることは承知の上で、またもや展覧会ハシゴ!笑

だって、観たい展覧会が両方とも、国立新美術館で開催されてるんですもの・・・




はじめに、
f0192411_22254820.jpg

『アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち』

わりと空いていたので、ペースよく観覧。
ティツィアーノ・ヴェチェッリオの作品、
「聖母子」と「受胎告知」は惹きこまれるものがあったなぁ。

受胎告知は、ティツィアーノの晩年の作品、サン・サルヴァドール聖堂の右側廊の祭壇を飾る大作だそうです。
それはそれは、巨大でした。
今まで観てきた受胎告知とは、まるで違うような印象。
色彩に特に惹かれたけれど、

<当時の批評家から「色彩の錬金術」と評されました>

と、後から公式サイトを見て知りました。
うん、納得。


肖像画は、かなりゆっくりと鑑賞。
「私、肖像画が好きなのかも?」と、
過去を辿ってみても、前からそうだったのかもしれないと思ったのでした。



お次は、
f0192411_2226335.jpg

『ダリ展』


平日なのに! 混んでる!!!
やっぱり、ダリは人気なのねぇ・・・と、改めて思いました・・・


10数年前だったかな? 上野でダリ展が開催されたときも、とっても混んでた記憶が・・・。
結局、行けなかったのですが^^;



パリのダリ美術館だったり、他の美術館で、ダリは何度か観ているけれど、
今回は、初期の頃の絵もきていて、その作風にビックリ。


ダリだとは分からないような、いわば普通(?!)の絵たち。


年が増すごとに、段々と作風が変化していき、
いわゆる「ダリ」の絵は、シュルレアリスム時代の頃に確立されていったんだなぁ・・・


しかし、いつ観ても、面白い絵ばかり。


特に気にいったのは、
「オーケストラの皮を持った3人の若いシュルレアリストの女たち」
「奇妙なものたち」

ヘレナ・ルビンスタインの為の壁面装飾、「幻想的風景」の3枚も印象的だった。


ダリの頭の中は、一体どんな風だったんだろう?
こんな事を思いつくなんて、凄いなぁ・・・と、そんな事ばかり思ってしまう。
そして色んな想像が膨らむ・・・


舞台衣装や美術のデザイン、本の挿絵、映像(映画)もあり、
出品数がとにかく多かった!



グッズ売場では、重たい図録を購入し、
その後、美味しいケーキとお茶でも?なんて始めは思っていたのに、
疲れてしまって、どこにも寄らずに真っ直ぐ帰宅・・・笑




それにしても、国立新美術館は、建物が凄いですよね~
ここへ来ると、何となく、国際フォーラムを思い出します。
f0192411_1651618.jpg

[PR]

# by a-monly | 2016-10-03 16:02 | あーと | Comments(4)

アントニオ・ガデス舞踊団

久しぶりのダンス鑑賞!

久しぶりのフラメンコ!!


昨年チケットを取ってから、ずっと楽しみにしていた
f0192411_2191641.jpg

アントニオ・ガデス舞踊団の公演へ



この日はAプログラム

「血の婚礼」
「フラメンコ組曲」



アントニオ・ガデス舞踊団を観るのは3回目かな?
毎回違う演目を観ています。
なので、今回の演目も初。



情熱的に踊るシーンが多い「フラメンコ組曲」の方が、私の好み。
衣装も素敵だったし、
ミュージシャンも素晴らしかった!


歌い手とギターのみのシンプルな構成。


アンコールも盛り上がり、
終演後外に出たら、文化村通りに御神輿が!
しかもライトアップされていてビックリだった!


その後は友人と、自宅付近で軽く飲み、色々お喋りして帰宅。


今年は圧倒的に、踊りを観に行く回数が少ない。
それに比べ、美術展に行く機会が増えてる(笑)


私の好きな、ベジャールバレエ団は、何年来日にしてないんだろう?
なんて思ってみたり。



そして・・・
去年のサラ・バラスのフラメンコ公演が、
あまりに深く私の心に残っていて、、
それを改めて思い起こされた日でした。
[PR]

# by a-monly | 2016-09-30 12:00 | だんす | Comments(2)