タグ:あーと ( 70 ) タグの人気記事

MISATO FUKUOKA SNOW WHITE展 と ミーティング

f0192411_0122286.jpg


こちらのお方の展示会
「MISATO FUKUOKA SNOW WHITE展 HAPPY FLOWERとぐいのみ鏡餅による真白な冬の世界」at gallery ON THE HILL


最終日の12日(日)行ってまいりました。



友人達と会う約束をしていたこの日、
展示会の話をすると、「行ってみたい!」との嬉しい返事をもらい
一緒に伺うことに。


最終日と言う事で、ほとんどの作品は売約済み。



f0192411_0152495.jpg

天井から下がっていたバーに
色んなHAPPY FLOWERがぶら下がっていて
「これがこのまま、部屋にあったら良いと思わない?」
なんて友人達と話しながら、その光景をしばし妄想。
光がすり抜けて、向こう側に影ができるその姿がきっと綺麗だろうなぁ~


f0192411_018254.jpg

大きいツリーにはHAPPY FLOWERオーナメントがいっぱい!


その素敵な世界観にしばし浸り、samanthaさんとお話をし、
楽しく過ごした時間。
どうもありがとうございました!



さてさて、展示会に伺う前には しっかりランチを。
友人が選んでくれたカフェにて

f0192411_0214014.jpg

麻婆豆腐じゃないですよ~笑
ニョッキ シイタケのボロネーゼ・・たしかこんな名前だったかな?
久々に食べたニョッキ♪

f0192411_0215285.jpg

デザートももちろん!
トルタショコラータ 濃厚で美味しかった♪

f0192411_022473.jpg

友人がオーダーした、パンプリンケーキを味見させてもらったら・・・
これ!今日のNo.1!!!


ランチしながら、夕方はお茶しながら
年末年始の旅行についてのミーティング。
ミーティングって何よ?! なんて言わないようにお願いします(笑)


気が付いたら、あと2週間ほどで出発・・・
何の準備も調べ物もしてない。。(チケット関係の手配は終わってるけれど)
発つ前にやっておこないといけないことが、あれこれと沢山あって、
急に焦り始めてきた><
今回もきっと、出発前夜の準備になりそうな予感・・・笑
いつものこと、いつものこと!

街はクリスマス☆
[PR]

by a-monly | 2010-12-13 01:22 | おでかけ | Comments(6)

『Apocrifu』

だいぶのんびりな更新ですが・・



9月5日
ベルギー王立モネ劇場 製作
『Apocrifu』
at オーチャードホール

f0192411_21345619.jpg



へ出かけてきました。




振付       シディ・ラルビ・シェルカウイ
ダンサー    首藤 康之
          ディミトリ・ジュルド
          シディ・ラルビ・シェルカウイ
コーラス      ア・フィレッタ
衣裳        ドリス・ヴァン・ノッテン




ヨーロッパでは絶賛されていたらしい、この舞台。
来日するのを待ち焦がれてました。


2日間だけの公演。
前から7列目。
オーチャードホールはステージが高いため、若干見づらい。



ダンス公演と思っていたら、
台詞もあり、歌もあり、そしてコーラスグループも出演
ステージにはセットが組まれ、階段や建物や、本に人形・・と
一般的に想像するようなダンス公演とは違った。


インド舞踊で使われてる(と思われる)鈴を足首に巻き、
動くたびに鳴り響く音色に引き込まれてしまう。


異なる踊りを踊ってきたダンサー3人が同じ舞台に立つ。
バレエだったり、アクロバットだったり・・・
こんな舞台を観られる機会はなかなか無い気がする。



タイトルの「アポクリフ」とは「外典」という意味なのだそう。
「拒絶や排除について語りたかった」
とシェルカウイの言葉にあった。

孤独や調和、喪失、、、そんな事を思わせる舞台。
宗教的な話も出てくる。

人間として、こらからの人生について
ものすごく考えさせられた。



根底にはシェルカウイの哲学が・・・





踊りで、そんな言葉・思いたちを表現できることって
なんと素晴らしいんだろう!




f0192411_21351873.jpg

そしてまた、コーラスグループ「ア・フィレッタ」が素晴らしかった!!!
宗教歌を思わせるような歌だったり、アラブを想像させるような歌だったり。
私が興味を持っていたところだ。



もう一つ、実はドリスの衣裳も楽しみにしてた。
ライカとの契約が終了して日本から撤退してしまった以来、
雑誌でしか見ていなかったドリスの洋服。
シンプルなんだけれど、細部までこだわりがあって、着心地が良さそう。


帰宅して早速、ドリスを好きなパートナーに報告。



ブラボーな舞台。
一人贅沢な時間を過ごした休日の午後。



この感動を、出演者にも伝えたい。






まだまだ昼間は暑いけれど、
9月はアート月間?! 芸術の秋??!




この先、まだアート系イベント続く・・・
[PR]

by a-monly | 2010-09-13 21:56 | だんす | Comments(2)

KAZ

8月31日
『熊谷和徳×東京フィルハーモニー交響楽団』
at オペラシティコンサートホール



  タップ            熊谷和徳
  指揮             中川賢一
  音楽監修・編曲・ピアノ 中島ノブユキ
  演奏             東京フィルハーモニー交響楽団


f0192411_2113588.jpg

(携帯で撮ったので、画像がとても荒いです・・)

オペラシティコンサートホールに行ったのは初めて。



天井がとても高く、そのせいか開放的で舞台が見やすそう。

・・・と思ったけれど
私の席は8列目。
ステージまですごい近いけれど、真ん中通路までは段差がなくて、
案の定、ステージ足下が見づらい。
(タップの板が数十センチ高めだったけれど、それでも少し見づらい)



踊りを観る時は、足下もよーく観たいのだ。


KAZのタップはこの日以来。
ずっと「観たい」と思っていたものの、公演日が予定と合わず・・・やっとこの日に。
オーケストラとの共演と言うことで、いつも以上に楽しみにしてた感あり。



まず始めに今日の演目と一緒に配られたKAZのメッセージに感動。。


そして、演奏が始まり、KAZが登場し、第一歩を踏んだところでまた感動。


エネルギッシュで、ときに優しく、
その全身から、心にぐっと熱いものが伝わってくるのですよねぇ・・・
何とも言葉では表現が難しいけれど(私の文章力のなさ?ですかね・・笑)




観客は、いつも若い方が多いけれど、今回はクラシックだから?
ご年配の方も多くいらしてました。


ご興味がある方は、是非一度足を運んで頂きたい・・・なんて勝手に思い、
沢山の方に観て頂きたい!・・・とまた勝手に思い、、
私、広報担当でも何でもなく、いちファンなんですけどね・・笑


以前、ブロードウェイの『ノイズ&ファンク』主演振付のタップダンサー
セヴィアン・グローバーが来日したときに、タップ×クラシックは体験している。


ビートのタップとクラシックって、想像もつかないような組み合わせだけれど、
タップの音とオーケストラが鳥肌が立つほどのハーモニーを奏でるのだ。


ずっとステージに釘付けだった。
でも、終盤、、ヴァイオリンを弾いていた、とある楽団員に釘付け・・・
なんと、岸谷五郎に似ているじゃない!!!
人一倍、感情のまま体を揺らしいているように私には見えた。



き、き、気になる!!!!!
KAZを見て、そのヴァイオリニストを見る。
そしてKAZを見て、そのヴァイオリニストを見る・・・
そりゃ~忙しかった~~~笑


カーテンコール
数十分にわたり、ものすごい拍手と歓声!
私、一人で観に行ってたのだけれど、スタンディングオベーションですよ~!!!



こんな素晴らしい時間を過ごすことができて、出演者に感謝したい!!!
[PR]

by a-monly | 2010-09-02 21:53 | だんす | Comments(2)

マリア カラス

f0192411_331955.jpg



23日に日本橋で

『マリア カラス その伝説 現代モード界が表現する女神』

を観てきました。




イタリアモード界のデザイナーたちが
マリア カラスの魅力に思いを馳せて制作したドレスの展示。


そして、マリア カラス ゆかりの人たちが語るエピソード。



ドレスたちは、それはそれは、とても素敵で。
それ以上に、エピソードを呼んで胸が熱くなりました。




最近、年齢のせい?(笑)涙もろいのですよねぇ・・・



マリア カラスに関しては、伝説のディーバぐらいしか知識がなかったのですが
彼女の歌は勿論のこと、どんな人だったのか?知りたくなりました。
(ウィキペディアは読んでいたのですけれど)
映画も何本かありますよねぇ~



実はこのチケット、友人からの頂き物。
それがなければ、観に行かなかっただろうなぁ。
そういう偶然というか、つながりというか、面白くもあり、とても有難い事だとつくづく思います。


友人よ! どうもありがとう!!
[PR]

by a-monly | 2009-12-30 03:17 | あーと | Comments(4)

旅する写真展 と 五つのものがたり

日曜日、朝から出かけ、移動移動で合計4箇所へ



順番は前後して、、、


夕方、私の好きなこちらのブロガーさんの
『旅する写真展』へ



開催場所は根津駅近くの

「café NOMAD」


初めて降りた根津。
初めて入ったcafé

小ぢんまりした空間で、すぐに展示された写真が目に入ってきた。


ブログで拝見していた写真と言葉が、自分の目の前に。
子供たちの笑顔がものすごく素敵で、印象的。
なんだか、自分も旅したかのような気持ちにちょっとなってみたり。


私の中で、今や大好きなパン屋となった「ameen's oven」を知ったのは
その写真たちを撮った方のブログ。
何年前に出会ったのだろうか?
その方の文章と写真がとても好きで、いつの間にか、毎日のように見るようになってた。
残念ながら、ご本人にはお会いできなかったけれど・・・


でも、画面を通して見ていた写真たちを実際に見られて
美味しいコーヒーとケーキを頂いて、とっても良い時間を過ごせた。


f0192411_2357497.jpg

甘さ控えめなモンブラン、コーヒーともに
とっても美味しかった!

まさか一緒に来ると思わなかった母が「美味しいね」と言っていたのが
何だか嬉しかった。


hiroさん! ありがとうございました!!

その以前は
[PR]

by a-monly | 2009-11-25 00:24 | あーと | Comments(2)

あちらこちら

気が付いたら、前回の更新から一週間経っていて
時が経つのがとても早い、と思わずにはいられない今日この頃。




また週末のお話を・・・




土曜日、夕方前に友人との待ち合わせ中目黒へ



彼女と会うのは1年半ぶり。
まず始めに腹ごしらえ!

中目黒「cafe FRAMES」へ



・・・・・と言ってもお昼ご飯を食べてしまっていた私は
お茶とケーキ。

f0192411_13404579.jpg

アップルパイとコーヒー。
さっくさくのパイと、アーモンドクリームの上に乗っているリンゴ。
美味しかった~~♪♪♪

長いひとり言・・・
[PR]

by a-monly | 2009-11-17 12:05 | おでかけ | Comments(0)

夏休み最後の日

f0192411_22173155.jpg


夏休みがあけてすでに1週間。

私の夏休みはバレエで始まって、バレエで終わった。





16日 世界バレエフェスティバル特別公演『オマージュ・ア・ベジャール』を観に上野へ



首藤康之さんの『ボレロ』を初めて観られる興奮と
ジル・ロマンの『アダージェット』を再び観られる喜びでいっぱい。

だったのに、、、
[PR]

by a-monly | 2009-08-23 02:33 | だんす | Comments(2)

青い空

f0192411_148378.jpg

あ、飛行機!


晴天の今日。
9日間の夏休みもすでに5日目。
今日はどこにも行かず、ぼーっと過ごしております。

6月から始まった私の熱い夏は、夏休みの始まりの日に終わりを迎え
翌日から抜け殻状態。。
まだとても暑いけれど、心の中はすでに哀愁漂う秋

More
[PR]

by a-monly | 2009-08-12 14:37 | ひとりごと | Comments(4)

宴ふたたび

この日の友人宅でパーティ再び。
今回は、メキシコ&スペイン料理パーティ♪



とにかく沢山のお料理!
自分では作れないような品々! あれもこれもお腹いっぱいに食べました(笑)

どれもとっても美味しかったけれど、特にこれが最高でした♪
f0192411_062331.jpg

スパニッシュオムレツ!
レシピを聞いたけれど、すでに記憶が・・・汗^^;味付けはとってもシンプル。

今回は写真をあまり撮っていないので、色んなお料理をお見せできないが残念。




会える!と楽しみにしていた友人が参加できなかったのは残念だったけれど、
久々に会った友人たちと近況話をしたり、初めて会った方々から色んなお話を聞かせていただいて、楽しく過ごせたひと時。
みんなにありがとう!!!

色んな人たちと出逢えた機会を作ってくれた友人に感謝。

ところで、、、
[PR]

by a-monly | 2009-07-06 00:36 | おでかけ | Comments(6)

旅をする木

旅をする木 (文春文庫)

星野 道夫 / 文藝春秋



今、こちらの本を読んでいる途中。



この本を知ったのは、2月のとある日に行った友達の朗読会。
前回は小学生向きの本だったけれど、
この日はカメラマン故星野道夫さんのエッセイ『旅をする木』

More
[PR]

by a-monly | 2009-04-20 17:04 | ぶっく | Comments(1)