タグ:おでかけ ( 138 ) タグの人気記事

さくらダイジェスト

きっと、あちこちで桜の記事がupされて、お腹いっぱいの頃と思いますが・・

桜ダイジェストです!笑



3月最後の週末、中目黒。
f0192411_042134.jpg

ところどころは咲いていたけれど、
大半はまだでした。

お花見目的ではなく、友人に会いに中目黒へ。
「私たち、タイミングがいいね~」
なんて話しながら。


川沿いは、オシャレな出店いっぱい。 賑わっていました~


途中、テラス席でお茶なんかも。
f0192411_0445262.jpg

右側のドーナツは、代官山の

「CAMDEN'S BLUE STAR DONUTS (カムデンズ ブルー スター ドーナツ)」

友人が
「リキュールが入っていて、美味しい大人なドーナツなんだよ~」
と言うので、気になって仕方なく、散歩しながら代官山へ移動。

ピンクは、ラズベリーピスタチオ。
ムラサキは、ブルーベリーバーボンバジルリング。
友人と仲良く半分こ。
お持ち帰り用も購入。(後日upするかも??)



ハーブが使われているものがあったり、ドーナツにリキュールが刺さっていたり!
意外な組み合わせに驚いちゃったりしますが、とっても美味しかった♪




そして数日後は、お花見の人々でごったがえしていた上野へ。


f0192411_136303.jpg

上野公園のアーチの桜は見事だけれど、
この人混みも見事^^;
海外の人も沢山!
とにかく人混みが苦手なので、疲れました・・・^^;




f0192411_1365594.jpg

綺麗な桜を見られるのは嬉しいけれど、一苦労(笑)




f0192411_137183.jpg

上野に行った目的は、終了間近の

「ボッティチェリ展」

でした。


そういえば、この時も桜の時期で美術館まで歩くのも大変だったと思い出しました。


美術館もとっても混んでいました。
中に入ってビックリ・・・。


ボッティチェリの師匠、フィリッピーノ・リッピの絵画も沢山きていました。


「聖母子」と、私の好きな「女性の肖像」を見られたことで満足。
他にも沢山、美しい色と優美な曲線の数々。
展示会の中で、そのボッティチェリの描く美しい色がよく分かりました。

作品と共に、所蔵されている場所を見ていたら、
フィレンツェやヴィチェンツァの銀行があったり・・・
さすが、イタリアだわ~と、羨ましく思いました。


図録を買いたいところだけれど、
その後、実家に帰るために荷物がいっぱい。
今回は、断念・・・。


そして最後は、母と一緒に千鳥ヶ淵へ。
f0192411_1371414.jpg

あぁ、今年はこの景色が見られて幸せです!


武道館では、入学式が終わったところで、
初々しい大学生がいっぱい!
道路は人で溢れかえっていました。


f0192411_1372684.jpg

せっかく一眼レフを持って行ったのに、途中で調子が悪くなってしまい・・^^;
その後はスマートフォンで。


遅めのお昼ご飯を食べるため、
パン屋「ファクトリー」に行ってみるも満席+入店を待つ人の列。。
以前も同じ情況が・・^^;

お昼をこちらで食べるのを諦め、パンだけ購入。


適当なカフェで軽く食事したあとは、丸の内へ。


ハーブスにて、桜のケーキとお茶♪

桜づくしの1一日でした~
[PR]

by a-monly | 2016-04-09 02:08 | ふらわー | Comments(0)

SHAKE SHACK

雨が降る寒~い3月の中旬、
やっと、NYからきたバーガーショップ

「SHAKE SHACK(シェイク・シャック)」

に行ってきました~


前回のNYCで出会った女子と一緒に♪
旅の後もこうして会えることがとっても嬉しい!


直接お店で待ち合わせ。
時間より30分くらい着いた私は・・・

銀杏並木を歩きながら、段々とイヤな予感が・・・


着いてみると・・・いえ、着く前から見えた長蛇の列><

もう混み具合も落ち着いている頃だと思っていたら大間違い。。
寒い雨の中、2時間並びました・・・。

お腹の空き具合も頂点に達していたころ、

やっとバーガーにありつけました。


f0192411_2302828.jpg

バーガーはスモークシャックバーガーをオーダー。
スモールサイズで、日本のハンバーガーと同じくらいの大きさ。
これで十分!

NYCで食べた味と、そう変わりなく、美味しかった~~
ポテトは、以前と変わったのね?たぶん。


シェイクやフローズンカスタードアイスも食べたかったけど、
何せ、体が冷え切っていたので、無理でした^^;

ホットドリンクは、ミルクとホットチョコレートしかなかったです。。
日本にオープンしたのに、コーヒーとかないのですねぇ・・・



お互いの近況や、旅の話、とっても楽しい時間だったなぁ~♪


次は、温かくて空いてる時に行きたい。 笑

このあと
[PR]

by a-monly | 2016-03-31 02:41 | おでかけ | Comments(0)

WOMEN:New Portraits/Annie Leibovitz

f0192411_0293.jpg



3月中旬

アニー・リーボヴィッツの写真展へ行ってきました。


東雲の元倉庫だったギャラリー「TOLOT/heuristic SHINONOME」

↑の入口を見た瞬間、
「アニー・リーボヴィッツらしい!」
と、彼女を良くも知りもせず、そう思ってしまった・・^^:


会場には、
f0192411_0222238.jpg

こんな感じで、著名人たちのポートレートが並んでいて
大きなモニターが3箇所に。
奥は、自由に見ることができる、写真集が沢山。

写真左側の、ABT・黒人で初のプリンシパルに昇格した
ミスティ・コープランドの写真は、ちょっと楽しみにしていたんです。
ダンサーの友人がミスティと友人なので、たまに話を聞いたりしていて、
何だか勝手に身近に感じていたり・・・なんて、本人に失礼ですが^^;


f0192411_0274699.jpg

大きなモニターでは、写真が代わる代わる移っていき、
あの人やこの人!が映し出され、私の大好きなケイト・ブランシェットもしかり。
思わず見入ってしまう、ずっとずっと見ていられそうなほど。


プライベートな写真から、ありとあらゆるモノがセッティングされて撮られたもの。
美しい中に、女性の強さみたいなものを感じる写真たち。


10数年前、アニー・リーボヴィッツのドキュメンタリー映画を観にいき、
その後、大きくて重たい写真集を購入した。
それから随分月日が経って、やっと展覧会を観に行けたことが嬉しかったなぁ。

映画の中で、パティ・スミスが若い頃に撮ってもらった写真について言っていた言葉が
印象的で忘れられない。


f0192411_0364555.jpg

きっと皆さん、このジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真はご存知では?
これもアニー・リーボヴィッツの撮影です。
この数時間後に、ジョン・レノンは銃弾に倒れ・・・つまり、これが最後の写真だそう。


写真って、とても奥が深く、やっぱり芸術だなぁ・・・





友人と一緒に観に行ったので、写真展の後は場所を下町に移し、
楽しいお茶とお喋りタイム♪

あっ!
[PR]

by a-monly | 2016-03-24 00:49 | あーと | Comments(0)

MICHEL VIVIEN

いつも見るたびに素敵だと思っていた

f0192411_2245382.jpg


MICHEL VIVIEN(ミッシェルヴィヴィアン)


フランスのシューズブランドです。



お正月のセールでお買い得なお値段になっていて、
履いてみたら、、サイズピッタリ!

今年はショートブーツが欲しいと思っていたけれど・・・
それは諦め、こちらを購入。



f0192411_2251826.jpg


色のコンビネーションと形が美しい!!
履いてみると、より素敵に見えて、更に惚れてしまいました・・><


黒い洋服で合わせて気に入ったのだけれど、
ブルーデニムに素足で履いてもカッコ良さそうだし、
想像、、妄想?!が広がる!!




本当は、ニットやパンツやジャケットを探していたはずが、
良いモノに出会えず、なぜか、パンプスを2足購入^^;


靴好きなんです。


シューズ専用の部屋があったら素敵~
映画『靴に恋して』のあのシーンで出てくる部屋のように・・・

なーんて、夢みたいな事を思ったり・・笑



現実はだいぶ違うけれど^^;

More
[PR]

by a-monly | 2016-01-12 22:11 | ふぁっしょん | Comments(2)

シルヴィ・ギエム ファイナル

昨年、100年に一度のバレリーナと言われるシルヴィ・ギエムが

「2015年末でダンス界から引退する」

との、ファンにとっては衝撃のニュースが流れてから約一年。



ついにこの日が来てしまった。


世界中で公演をして、ファイナルツアーの最終地点に選ばれたのは日本。
ギエムが初めて飛行機に乗り、外国で踊ったのが日本。
「愛するボレロを最後に踊る場所は、日本以外にあり得ない」とギエムの言葉がどこかに書かれていた。

ファイナルツアーは、

『ファイナル』
『ライフ・イン・プログレス』

の2プログラム。

幸運にも両方のチケットを手に入れられた私は、この方と一緒に


f0192411_1632160.jpg

まずは、
『ファイナル』へ


『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』
振付:ウィリアムス・フォーサイス
出演:東京バレエ団

『TWO』
振付:ラッセル・マリファント
出演:シルヴィ・ギエム

『ドリーム・タイム』
振付:イリ・キリヤン
出演:東京バレエ団

『ボレロ』
振付:モーリス・ベジャール
出演:シルヴィ・ギエム 東京バレエ団


フォーサイスの「インザミドル」は、東京バレエ団初演
美しいグリーンの衣装で踊るコンテンポラリー。
かなり好みな演目。


「ドリーム・タイム」は、優雅に美しく舞うコンテンポラリー。
衣装もセットも流れるような、まるで夢の中にいるように思えてくる演目。



「TWO」、半径1mほどの中から移動せずに踊る、そこだけスポットが当てられ
ギエムの腕が華麗に舞う演目。
初めて観たのは、何年前だっただろうか?
その時に憶えた衝撃と感動が再び蘇る。
ギエムの中でも特に好きな演目だ。


ギエムの「ボレロ」を観るのは、4,5回目だろうか?
大好きな演目、だけれど、もう最後だなんて、考えたくもなかった。
音楽のボリュームが上がるにつれ、高鳴っていく気持ち。
なのに、最後だと思うと、切なくなる。

カーテンコールは、ほとんどの観客がスタンディングオベーション!
お花を渡している人もいたなぁ。
最後だものね。



翌週は、

f0192411_1621895.jpg

『ライフ・イン・プログレス』

これで本当に、私の最後のギエム公演。


『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』
振付:ウィリアムス・フォーサイス
出演:東京バレエ団

『ドリーム・タイム』
振付:イリ・キリヤン
出演:東京バレエ団

『テクネ』
振付:アクラム・カーン
出演:シルヴィ・ギエム プラサップ・ラーマチャンドラ グレイス・サヴェージ アリーズ・スルイター

『デュオ2015』
振付:ウィリアムス・フォーサイス
出演:ブリーゲル・ジョカ ライリー・ワッツ

『ヒア・アンド・アフター』
振付:ラッセル・マリファント
出演:シルヴィ・ギエム エムヌエラ・モンタナーリ

『バイ』
振付:マッツ・エック
出演:シルヴィ・ギエム



ファイナルツアーで新作(テクネ・ヒア&アフター)とは、進化する人ギエムにピッタリな気がした。

アクラム・カーンは、私の好きなイギリスの振付家。
彼の踊りを見て、インド舞踊に興味を持ったほど。

だから、この演目「テクネ」がとても楽しみにだった。
一本の木の周りを一人踊るギエム。
時折、動物のようは動きもあり、何か生命を思わせる。
コンテンポラリーは、目に見てその踊りが何か?と分かるようなものでは無い気がするけれど、
どこか、心を引き込まれる、心に訴えかけるものがあると思う。
この踊りも同じく、心を引き込まれて、ステージから一瞬たりとも目を離せなかったなぁ。
ミュージシャンもとっても良かった!


「デュオ」は、中盤まで音なしで踊り、時折コミカルな動きが。
ギエムが途中、ちょっと出演・・と言うより通り過ぎて行った(笑)
面白い演目だった。


「ヒア・アンド・アフター」、幕が開けたとき、鏡を使っているのか?と思うほど、
二人の息がピッタリに感じられたのは私だけだったのだろうか?
ギエム自身初となる女性同士のデュエットだそう。
繊細だけれど、時に力強く感じた踊り。 

エムヌエラ・モンタナーリは、ミラノスカラ座のソリスト。
今回、彼女を初めて知ったのだけど、何度もマッシモ・ムッルやギエムと共演してたのですね。


「Bye」は、以前も日本で踊っているけれど、観るのは今回初めて。
モニターに写る、ギエムの目のアップから始まり、
そこから出て、舞台で舞う。
時折、物悲しさを感じ、でも、先に向かっていく明るさも感じ。
最後は色んな人たちが交差するモニターの中へ戻っていく。

ラストに相応しい演目だと思った。


長い間続いたスタンディングオベーションのカーテンコール。
あぁ、終わって欲しくないよ。


f0192411_16571984.jpg

会場内にあった、大きなパネル。

友人が到着する前に、コレを見て一人泣きそうになっていた私。

私がギエムの公演に行き始めたのは、10年ほど前なので、そんな昔でもないけれど、
感慨深いものがあり・・・
まさかダンス界から引退だなんて想像もしていなかった日が来てしまい、
いまだ、信じられらない気持ちでいっぱい。

けれども、心に残る言葉では言い表せない素晴らしい時間をありがとう!!
できれば本人に伝えたかった^^



デマチも何度かしてサインをもらった事があったけれど、
「マドモワゼル・ノン」と呼ばれたギエムも、ファンには笑顔でとても気さくだったなぁ。





12月31日にオーチャードホールで開催される東急ジベルスターコンサートでギエムがボレロを踊るのだけれど、それがTVで放映されるらしい。
あー、、見られるかな・・・・・。
[PR]

by a-monly | 2015-12-29 17:13 | だんす | Comments(0)

スペイン国立バレエ団 

f0192411_322657.jpg



先月下旬、スペイン国立バレエ団の公演に行って来ました。




<Bプロ>
 『アレント』(新作・日本初演)
 『サグアン』(新作・日本初演)
at Bunkamuraオーチャードホール

今回も、芸術監督は、アントニオ・ナハーロ。


幕が開けての最初の踊りが、カッコよく、
黒い衣装で踊ると時折、スカートの内側からハッとする鮮やかな色が見えて素敵だった。


一部の『アレント』は、王道なフラメンコと言った感じで、
二部の『サグアン』は、バレエ要素もあり、ストリートダンス要素も少しあり、
勝手に言葉を作るなら、「ロマンティック・フラメンコ」と言ったところだろうか。

いつもの情熱的で胸が熱くなるフラメンコとはまた違い、
美しく、うっとりと見惚れてしまった『サグアン』

そして、衣装やセットが素晴らしく、舞台美術の凄さにも感嘆。


今回も、臨場感や表情がよく見える前方の座席。
フラメンコは、前で見たほうが、より臨場感を味わえて良いと思う。


友人とお揃いで、プログラムとエコバッグのセットを購入し、
いつものごとく、終演後は、飲みながらのダンス談議、そして色んなお喋り。

とっても楽しくて充実した時間だったな~!


次のフラメンコ鑑賞はだいぶ先になりそうだけれど、今からとっても楽しみ♪
[PR]

by a-monly | 2015-12-29 15:37 | だんす | Comments(0)

キュートな

先日、久しぶりに会う友人たちと、
クリスマスディナーに行った際に頂いた
とっても可愛いギフト。


f0192411_1281954.jpg


海外土産の、センスのよいウッドの歯ブラシや、アンティークのガラス皿、
紅茶に素敵なディッシュクロス。

そして、クリスマスらしい、雪の結晶柄の靴下や、
なんと!手作りのスノーマンの石鹸!!

どれも素敵で、特に石鹸は勿体無くて使えない^^


※エトロの石鹸は、レストランからのギフト。(そういうコースだったのです)



それに比べ、、私の持っていったモノなんて・・・・・^^;
しょぼくてゴメンなさい!!笑




クリスマスですね~
もう今年が終わろうとしているなんて信じられません。



イタリア日記・・・・・年内に終わるのかな?? 汗汗
[PR]

by a-monly | 2015-12-24 01:35 | ぎふと | Comments(0)

Sara Baras

また寄り道です(笑)


シルバーウィーク中に
長いこと来日を待ち望んでいたフラメンコダンサー
Sara Baras(サラ・バラス)の公演に行って来ました。

f0192411_034187.jpg

『VOCES』
at 東急シアターオーブ


フラメンコの巨匠たちに捧げられたと言うこの作品。
ステージセットには、巨匠たちのパネルがありました。


幕が上がったその瞬間から、鳥肌もの!

やっと彼女のダンスを観られる感動で胸がいっぱい。


踊りも、衣装も、バンドも、、、とにかくステージから目が離せない。


あまりの?盛り上がりで、予定より30分ほど長く続いた公演。
こんな事は、今まで観てきたフラメンコ公演ではじめて。
しかも、カーテンコールでのスタンディングオベーションが凄かった!


サラ本人も、感極まって涙した一場面も。
日本語での挨拶や、通訳の方を呼んでの、観客に伝えてくれたメッセージ。


もう、言葉にならないほど素晴らしいステージでした。



公演後は、トークショーもあり、サラの熱い思いが伝わりました。



そしてその後は、興奮冷めやらぬまま、友人とお酒を飲みながらのダンス話。
これが、とっても楽しみな時間。
今日の公演の話から、ダンス以外の話も。
感動の時間を共有できたことが嬉しくて、遅い時間まで!


次の来日が、今から楽しみ!
まだ、予定はないでしょうけれど(笑)
[PR]

by a-monly | 2015-11-07 00:35 | だんす | Comments(0)

和のあかり×百段階段展

f0192411_1212211.jpg



7月の暑い日、

目黒雅叙園の百段階段で開催されていた展示会


「和のあかり×百段階段展」


へ行ってまいりました。



海外より仕事で日本に来ていた外国人の友人と一緒に。

どこへ観光?に行ったらよいかなぁ・・・とかなり考えました。
そして幾つか案を出したところ、こちらの展示会に決定。


本当は、もう一箇所行くはずが、雨のため断念。


実は私も、この百段階段に行きたくて、タイミングが良かったです!
友人は、美術好きなので、予想はついていましたが(笑)


「和のあかり」


そして、美しい日本の部屋が見られる。


日本に来ているので、とても良い案じゃないかな?と我ながら思いました(笑)


私も百段階段は初だったので、
とにかく、その美しさに感動でした。
お部屋だけでも素晴らしいのに、

f0192411_129048.jpg



日本のアーティストたちによる、こんな美しい作品たちが沢山展示されているんですもの!
友人も勿論大喜びでしたが、日本人の私も大興奮!

とくに、「草木のあかり」には感動しました。 ちょっとウルっとっするほどに。
本物のリーフやホオズキを使ったあかりたち。
生きていたものが、こんなにも美しく蘇ってしまう。

友人も「リーフの部屋が一番良かった」と言っておりました。

のんびり見て、最後はお決まり?!グッズ売り場へ。
こちらにも、和のモノが沢山ありますので、友人大喜び(笑)
楽しそうにお土産を選んでました。


その後は、1Fのカフェで、お茶してお喋り。
かなーり、ゆったり、、まったり?! してしまいました。
お天気が悪く、庭が綺麗に見えなかったのが残念でしたが、


お手洗いから戻ってきた友人は大興奮!

「a-monly!トイレも凄かったよ! 写真見て!!」

と・・・。
え?トイレの写真撮ってきたんですか??!笑

見せてもらったら、トイレ前の橋の写真でした。


「小さい橋があったの!」

と、またも大喜び♪



とにかく、大正解なプランでした。


次回は晴れてる日に行きたいな・・・
[PR]

by a-monly | 2015-08-18 01:41 | あーと | Comments(0)

前橋汀子 アフタヌーン・コンサートVol.11

何だかバタバタの日を送っておりまして・・・旅日記用の写真整理ができていません(笑)


そんなわけで?! 旅日記の前に・・・
先々週末のこと、母と恒例化している前橋汀子さんのヴァイオリンコンサートへ行ってまいりました。


まず始めに、六本木一丁目のPAULで軽くお昼を食べて。
そうそう、六本木一丁目からサントリーホール手前まで遊歩道が出来ていました。
新しいビルの中を通って行くのですが、
美味しそうなお店や、青山にもあるバーガーショップ「the 3rd burger」もありました。


f0192411_131017.jpg

場所はこちら。 いつものサントリーホール。


この日は幸運にも、前橋さんの表情もよ~くみえる前方の席。
70代だと思われる前橋さん、とてもそのお年には見えなく、変わらずお美しい!


一部は、ヴァイオリン・ソナタ
イタリアから戻って、数日後だったので、時差ぼけがまだ抜けず、
気がついたら10回くらい、一瞬夢の中へ・・・^^;



そして2部が始まる前に、2F席でざわざわ。
カメラも2台回ってる・・・
あれ?誰か北?? 政治家? 芸能人??


なんて思っていたら、なんと!!! 皇后様がいらっしゃいました。
私たちの席から、5m程のところに、皇后様が!!!
会場から溢れんばかりの拍手。
もう、大感激!!
母は、「感激して涙が出そう」と申しておりましたが、
ええ、本当にそういう気持ちになります。

さてさて、2部はお馴染みの曲などを6曲。
一気に時間が経ってしまい、アンコールへ。
今年も4曲!


皇后様と同じ空間に居られた感激と、前橋さんの美しいバイオリンの音色。
今年も母と一緒に来られたこと。
この日、誕生日前日だった自分への最高のプレゼントだった気がします。

昨年も
[PR]

by a-monly | 2015-07-01 01:47 | みゅーじっく | Comments(0)