タグ:だんす ( 42 ) タグの人気記事

¡AY!

えーと、、約一ヶ月ブログを放置してる間、
製作や撮影や、ダンス公演通いにバタバタしておりました^^;


そんなダンス公演の一つ、
先週末にオーチャードホールでフラメンコ鑑賞。





f0192411_18251036.jpg
何年振りかのEva Yerbabuena(エヴァ・ジェルバブエナ)!!


待ち望んでいた公演です!


今回は、2演目あり、
初日の「¡AY!」を鑑賞。

なんとソロ公演。


フラメンコのソロ公演を観るのは初です。
途中、歌のソロがあったときは、出演していませんでしたが、

「ソロって凄い!」

と、観る前にまず思ったこと。
だって、1時間半程の公演でソロですよ!?


舞台演出や衣装が毎回カッコいいエヴァの舞台。
今回も例外なく。


そして、毎回、哲学的なことを感じるのだけれど、
やっぱり今回も。


今回の演目は、内的なことから生まれたらしく、
公演プログラムを読んだら、
なんと、出産でお休みしていたそう。


産後復帰したばかりとはとても思えぬ、パワフルで情熱的な踊り。
何だろう、踊るエヴァの全身から燃えるようなものを感じるというか、
とにかく、胸がぐっと熱くなる。
もう、ドキドキが止まらないんです。

毎回、最高の舞台を魅せてくれるエヴァ。
そして、今回はバイオリンも入り、
ミュージシャンたちも、ほんっとに素晴らしかった!


やっぱり、こんなに胸を熱くしてくれる踊りは、フラメンコ以外に見つからない。

興奮冷めやらぬで、一緒に行った友人とお喋りしながら駅へ。


そして、楽しいディナー時間♪

心配してたい台風の影響もなく良かった~





今後、私が長いこと待ってたダンサーやコリオグラファーが続々?!来日予定。

あぁ~待ちきれない!!



そして、、、NY日記がそろそろ・・・

年内には書き始められる終わるといいな(笑)





[PR]

by a-monly | 2017-09-19 18:43 | だんす | Comments(0)

ボリショイ・バレエ団

f0192411_08073431.jpg
6月初旬、東京文化会館へ
ボリショイ・バレエ団の
「ジゼル 第2幕」
を観に行ってまいりました。


ボリショイ・バレエ団の来日は、
『ロシアの季節』の一環で、
この日は開幕日だったようで、
会場入口で、開会式+テープカッターなどもありました。


ロビーには、安倍首相からのお花も・・・


なーんて思っていたら、ご本人がいらしていて、ステージ上でのご挨拶もありましたよ~
この時の会場のざわつきと言ったら・・・笑


昨年の『ロシア文化フェスティバル2016 IN JAPAN

では、ご本人はいらっしゃらなく、別の方が安倍首相からのお言葉を読み上げるというかたちでした。


さてさて、この日の主役(ジゼル)は、スヴェトラーナ・ザハーロワ

パートナー役となる、アルブレヒト伯爵は、デニス・ロヂキン



スヴェトラーナが出演する日は、チケットが¥2000高くなると言うことでも分かるように、
彼女をお目当てに来る方がきっと沢山いるのでしょう!
私もその一人(笑)


スヴェトラーナの技術は勿論ですが、
その表現力に魅せられ、
ジゼルの、切ない物語が、ぐっと胸にきて、
こみ上げてくる場面が多々あり。


ドラマティックで、繊細で、美しいけれど、とても切ない。


久々に古典クラシックを観て、うっとりしたひと時でした。


他のダンサーの方々も、そしてオーケストラも素晴らしかった!

それはもう、カーテンコールが止まなかったです!!


f0192411_08070728.jpg


ボリショイが来日してから、今年で60年だそう。
今後も『ロシアの季節』では色々イベントがあるよう。



久々に見たスヴェトラーナは、相変わらず美しい。
全てが美しい!


Brava Svety!!!!


次にスヴェトラーナが見られるのは、9月。
今度は、キュートなスヴェティが見られそうで、今から楽しみ♪












あれ?
[PR]

by a-monly | 2017-06-25 08:38 | だんす | Comments(0)

ベートーヴェン・ソナタ

3月中旬、数年振りの中村恩恵さん演出・振り付けの舞台
 
f0192411_00254599.jpg
「ベートーヴェン・ソナタ」

を鑑賞。



出演は、愛して止まないダンサー、首藤さん。
そして、新国立劇場バレエ団。


「力」に満ちた音楽を創った人とは、どのような人なのか。
素朴な興味から、ベートーヴェンの残した日記や手紙、そして多くの研究書を手に取るようになった。

「舞踊にて彼の電気的な軌跡をなぞってみました。」

劇場で配られたパンフレットには、こんな事が書かれていました。
(↑は、ほんの一部ですが)

そんなところから創られた作品なんですね~


ルードヴィヒ役は、首藤さん。
ベートーヴェンは、福岡雄大さん。


音楽は、勿論?!ベートーヴェン。

始まりのシーンは、モーツァルトだったかな。
はじめから、ぎゅっと胸をつかまれて、切なくなるような、
何だか涙がこぼれそうな、、

孤独が踊りにのって、こちら側に届く。
あぁ、観に来て良かったなって、序盤で強く思うことに。


首藤さんの舞台は、何年振りかな?
ここのところ、彼の舞台を逃してばかりいたから、
この日をとっても楽しみにしていた。

指先まで本当に美しくて、
踊るために生まれてきた人。
勝手にそんな事を思う。


この舞台を観て、ベートーヴェンと言う人を知ってみたくなった。
音楽の授業で、少しだけ勉強?したことと、
昔公開された、映画を観たくらいで、
他は何にも知らないなぁ・・・
あまりに有名な音楽家なのに!


中村恩恵さんの舞台は、何作か観ているけれど、
今回のが一番好き!


夏には、首藤さんの面白そうな舞台があるようで。
こちらも今からとっても楽しみ~



f0192411_00251801.jpg

新国立劇場もとっても久しぶり!
クラシックな劇場も好きだけれど、
モダンな劇場もいいですね~



舞台を観る前には、ちょっとした寄り道を。

それはまた次回で^^







[PR]

by a-monly | 2017-04-12 00:46 | だんす | Comments(0)

オーレリ・デュポン

エキュート品川出展数日前の2月下旬、久しぶりのバレエ鑑賞。



東京バレエ団「ウィンター・ガラ」
@オーチャードホール


f0192411_19534104.jpg

東京バレエ団で、オーチャードホールって珍しい気が・・・。
ついつい、いつもの?!東京文化会館と間違えそうに^^;



演目は、
「中国の不思議な役人」
「イン・ザ・ナイト」
「ボレロ」


中国の不思議な役人は、何度目かの鑑賞。
ベジャールプログラムです。
終盤まではキャストは、ほぼ男性のみ。
そして最後に妖艶な女性たちが舞うシーンがあり、
なんとも艶っぽく、女性の私でもちょっとドキっとしてしまうような。


イン・ザ・ナイトは、東京バレエ団初演だそう。
ショパンの音楽に合わせ、男女2人が3組、美しく舞う。
沖香菜子さんが、特に良かったなぁ~
「これぞバレエ!」
と思ってしまうような、
綺麗な衣装に美しい踊り。
うっとりしてしまいました~



さて、この日これを観に来たと言っても過言ではない、
オーレリ・デュポンのボレロ。

パリ・オペラ座バレエ団を2015年5月に引退し、
2016年2月、同バレエ団の芸術監督に就任したオーレリ。

ボレロを踊ってたなんて知らなかったー!
と思ったら、
初ボレロは、そんなに昔でもない2012年、NYCのリンカーンセンターだったそう。
でももう、5年も前なのね。

ショートヘアになったと、どこかで読んだような、、
しかし、登場したオーレリはポニーテールだった・・
つけ髪だったのかしら??


あんまり想像ができなかったけれど、
鳥肌が立つほど素晴らしかった!!
もう、片時も彼女から目が離せない。
胸の高鳴りがやまず、しばし余韻に浸ってました。



気がつけば、女性のボレロばかり観てますが、
その中でも圧倒的な回数は、シルヴィ・ギエムかな。

オーレリは、この公演の前に、スイス・ローザンヌでジル・ロマンのレッスンを受けたそう。

ベジャール・バレエ団、全然日本に来ないなぁ・・・
最後の来日から何年経つのかな?

BBLが観たいよ!!!
叶うなら、ジル・ロマンのアダージェットが再び観たいよ!!








公演前は
[PR]

by a-monly | 2017-03-28 20:26 | だんす | Comments(0)

Italy日記 2

さて2日目です。


朝ごはんを食べに行こうかと思っていたのが、
ちょっと予定外のこと?が起こり、
外で食べることに。


とにかく、ノヴァーラの情報が少なく、
町の中心部を散策しようという事くらいしか・・・
地図もホテルでもらえばいいや!なんて程しか思ってませんでした^^;

中心部までは、歩いて15分位だとの事だったけれど、生憎の雨模様。
タクシーを呼んでもらい、町の中心部の
「Basilica(バシリカ)まで!」
とにかく、タクシー代の高さにはビックリ。笑
ぼったくられている訳ではありません!


タクシーを降りたそこは、カメラに収まらないほど高い
f0192411_1156495.jpg



「Basilique de San Gaudenzio et Domo de Alessandro Antonelli」
・・・と、ホテルでもらった地図に書いてありましたが、

インターネットで見ると
「Basilica di San Gaudenzio(バシリカ・ディ・ガウデンツィオ)」
と、出てきますねぇ・・・


f0192411_1157982.jpg

f0192411_11572032.jpg


とにかく?!サン・ガウデンツィオ聖堂です。笑


さすがに雨の中、一眼レフを構えるのは大変なので、
この日の写真は、ほぼスマートフォンで。



f0192411_11582359.jpg

中へ入ると、ちょうどミサの時間。
賛美歌が建物内に響き渡り、心が洗われました。




少しだけ写真を撮り、
その後は、ぶらぶらと適当に街を歩いてみる。

f0192411_1159532.jpg

ちょっとした広場があったり、
お店が並んでる(メイン通りなのかな?)通りがあったり、


ですが、、日曜なので殆どのお店がお休みです^^;



f0192411_11593455.jpg

素敵なブティックが何件かあったのに、、ぜーんぶお休み!
開いているのは、日本でもお馴染みのH&Mや、ZARA・・・。


インテリアショップは開いていて、クリスマス一色!





f0192411_1231140.jpg





f0192411_11595260.jpg

そして開いているカフェで、遅めの朝ごはんを。
名前は忘れてしまったけれど、あまーいクロワッサン(みたいなもの?)と、カプチーノを。

お店の人に、
「これ何ですか?」
と訊ねたら、
「〇〇よ、美味しいわよ!」
と言われたのですが、うん、美味しかった♪


食べながら、街の地図を眺めたりしながら、
ちょっとして、カフェを後に。




f0192411_1201058.jpg

サン・ガウデンツィオ聖堂の隣に美術館があるようなので、行ってみることに。
・・・・・ですが、、なんと、閉まってる><
この街の美術館は、月曜ではなく、日曜がお休みなの?!


うーん、、どうしよう・・・
雨降ってるし、寒いし、、、


とりあえず、カフェに入る前に見つけた、ビスコッティ屋さんへ。

f0192411_1203150.jpg

ここは開いてて良かった(笑)


ノヴァーラは、ビスコッティが有名なのか?
とにかく沢山の種類があって、
お店も広いし、お客さんが次々に入ってきます。


ハロウィンのクッキーもあったり、
美味しそうな焼き菓子が沢山!


一番シンプルで、お店の看板商品的な?ビスコッティを購入。
日本でもよく見かける、イタリアの硬いビスコッティとは違い、
軽い食感で、お味はタマゴボーロ。
美味しかったです♪


さてさて、かろうじて?開いてるお店を覗いてみて、
その後は、またしてもカフェへ。




また食べるの?っていう感じですが(笑)

f0192411_121714.jpg

パニーノとマロッキーノを。

ここでしばらく休憩し、
f0192411_1214076.jpg

すぐそこへ見えているDuomoへ・・・



f0192411_122151.jpg

ですが、入ろうとしたら、、、
なんと閉めるところでした><
次に開くのは15時からですと・・・。
となると、その時間にはもう行けないわ。。


あー、なんてツイてないの!!!



f0192411_1223724.jpg

この日は、友人が出演するバレエ公演。
そう、公演を観るためにノヴァーラに来たのだから、
もう目的はこれで、他は諦めることに・・・笑


劇場の隣の本屋さんを覗いてみたり、
あと少しの時間つぶし。

備忘録的なので、長いです^^;
[PR]

by a-monly | 2016-11-08 12:35 | Italy ’16 | Comments(2)

Italy日記 1(はじめに・・・)

f0192411_1559125.jpg



またしても、イタリア一人旅。
始めに色々と・・・


本当は、9月初旬にイタリア・ヴィチェンツァで行われる大規模なジュエリーショー
「Vicenzaoro(ヴィチェンツァ・オロ)」
を見に行きたいね~ と、仲良くしてる彫金作家と話していて、
それを、ヴィチェンツァ出身の友人にも伝えてたんだけれど、
結局、みんなのタイミングが合わず見送ることに。。


でも、やっぱりイタリアに行きたい!と思っていて、
友人が出演するバレエ公演に合わせ、イタリア行きを決定したのが、
出発の2週間前!笑

イタリアを引っ掛けて、ポルトガル・リスボンに行くか、
イタリアだけにするか、と迷って、
結局、直前になっての決定。


しかも、ホテルや途中の飛行機移動のチケットを取ったのは、一週間前だったかな・・?^^;


なので、大した下調べもせず、出発当日。



f0192411_165194.jpg

今回は、アリタリア航空にて、ミラノへ直行便で。

マイレージの関係で、スカイチームを利用しているため、
成田空港ばかりですが、最近は、空港も空いてるし(私が乗る便の時間帯なのかも?)
これも、結構良いかなぁ~なんて思っています。

特にアリタリアのミラノ便は、13時ごろ出発なので、朝早くなくて良い!笑



f0192411_1682593.jpg

13時間位のフライト時間を経て、やっとミラノに到着。

到着したのは18:30頃、日が暮れ始めてました。


今回の最初の訪問都市は、Novara(ノヴァーラ・ノヴァラ)
ミラノ・マルペンサ空港より、30kmほどの小さな街。
空港からバスもあったけれど、本数が少なく、時間も微妙。
どうせ、ノヴァーラ中央駅で降りてから、ホテルまでタクシーに乗らないといけない。

予約していたホテルに、ハイヤーやシャトルバスは無いか?と訊ねたところ、
そういったサービスはないけれど、タクシードライバーを紹介する。と返答がきたので、
予約をお願いしました。
ドライバー名と携帯電話の番号を聞いていて、
「何かあったら連絡する」 という事にしていましたが、
到着口で、問題なく会えました。


狭い道でも、かなーり飛ばしていて・・・(さすがイタリアです。笑)
そのおかげ?!で、30分かからずホテルに到着。
料金も、空港でタクシーをつかまえるより、はるかに安かったです。


選んだホテルは、街の中心部より少し離れた
「Hotel La Bussola(ホテル・ラ・ブッソラ)」

小さい街なので、とにかくホテルが少ない。
次の電車移動を考えて、駅近くか、劇場近くに泊まろうと探していたけれど、
あまり良いホテルがなく・・・ 評価も良かった、こちらに泊まることに。



f0192411_16183544.jpg

シングルですが、キングサイズのベッド。
ゆったり眠れます!
古い4つ星ホテルですが、部屋は改装されていたようで、綺麗でした。(翌日のお掃除は??残念でしたが)
写真でもお分かりのように、シャワールームは振り返れないほど狭かった(笑)


ホテルに着いた頃はすっかり夜で・・・
街の中心部までご飯を食べに行く元気もなく・・笑
隣にあった、カルフールでお惣菜を買い込んで、部屋で夜ご飯。


一人だと、こんな感じが多いです^^;


f0192411_16222246.jpg

載せるまでもないと思いつつ・・・

野菜のトマト煮?に、ピリ辛オリーヴ。 そしてポルケッタとパン、デザートにチョコレートムースも。笑
あとは、エスプレッソをテイクアウトして。


日付が変わる頃、廊下や隣の部屋が騒がしくなり、
英語が沢山聞こえてきて、もしや・・・?
なんて思ったのが的中。



と、そんなお話は次回に。
翌日は、ノヴァーラの街へ繰り出します!
つづく・・・
[PR]

by a-monly | 2016-11-06 16:32 | Italy ’16 | Comments(0)

アントニオ・ガデス舞踊団

久しぶりのダンス鑑賞!

久しぶりのフラメンコ!!


昨年チケットを取ってから、ずっと楽しみにしていた
f0192411_2191641.jpg

アントニオ・ガデス舞踊団の公演へ



この日はAプログラム

「血の婚礼」
「フラメンコ組曲」



アントニオ・ガデス舞踊団を観るのは3回目かな?
毎回違う演目を観ています。
なので、今回の演目も初。



情熱的に踊るシーンが多い「フラメンコ組曲」の方が、私の好み。
衣装も素敵だったし、
ミュージシャンも素晴らしかった!


歌い手とギターのみのシンプルな構成。


アンコールも盛り上がり、
終演後外に出たら、文化村通りに御神輿が!
しかもライトアップされていてビックリだった!


その後は友人と、自宅付近で軽く飲み、色々お喋りして帰宅。


今年は圧倒的に、踊りを観に行く回数が少ない。
それに比べ、美術展に行く機会が増えてる(笑)


私の好きな、ベジャールバレエ団は、何年来日にしてないんだろう?
なんて思ってみたり。



そして・・・
去年のサラ・バラスのフラメンコ公演が、
あまりに深く私の心に残っていて、、
それを改めて思い起こされた日でした。
[PR]

by a-monly | 2016-09-30 12:00 | だんす | Comments(2)

久々バレエ鑑賞

『ロシア文化フェスティバル2016 IN JAPAN』




お目当てはこちら
f0192411_13121796.jpg

ボリショイバレエ・プリンシパル 「スヴェトラーナ・ザハーロワ」
と、彼女の夫、
世界的ヴァイオリニスト 「ワディム・レーピン」

at サントリーホール


フェスティバルの初日のこの日は、開会式もあり、
委員会院長でもある、
ロシア連邦国家院議長・(日本)参議院議員 の挨拶もあり、
大統領・首相のお言葉も。


さて、なかなか機会がない、スヴェトラーナ&レーピン夫妻の共演。
この日をとっても楽しみにしてました!!!


座席は、舞台を真横から見下ろすところで、
残念ながら、下手の袖は見えないけれど、
距離は割りと近く、よーく見えました。

・・・と言いつつ、オペラグラス持参でしたが(笑)


演目は

『Distant Cries』

「メンデルスゾーン:ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲ニ短調より第2、3楽章

『Plus.Minus. Zero』

「クライスラー:中国の太鼓」

『Revelation』

「チャイコフスキー:レンスキーのアリア」

「モンティ:チャールダーシュ」

『瀕死の白鳥』

「ポンセ」

『レ・リュタン』より(抜粋)

※『』は踊りあり、「」は音楽演奏のみ

<バレエ>
 スヴェトラーナ・ザハーロワ
 ミハイル・ロブーヒン
 ウラジミール・ヴァルナヴァ
 ドミトリーザグレビン

<演奏>
 ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル



古典クラシックのイメージが強いスヴェトラーナだけれど、
この日は、コンテンポラリーが殆ど。

なかでも
『Distant Cries』は、心にぐっとくるものがあって、
また是非観たいと思うほど気に入ってしまった。


『Revelation』は、日本人振付家の作品。
これは、スヴェトラーナの身体能力を見せつけられた、物悲しい演目。


『瀕死の白鳥』は、それはそれは美しく、

最後の『レ・リュタン』より(抜粋)は、
ダンサー全員が出演した、ちょっとコミカルでキュートは演目!

スヴェトラーナと、レーピンの、ほんわかしちゃうやり取りもあったり、
上手の袖口がよーく見えたため、ちょっと面白いところも見られちゃったり^^
レーピンのユーモラスな場面もあったりで、

普段のバレエ公演では見られないようなところがあり、
何だか得した気分&happyな気持ちに♪



スヴェトラーナって、目にする写真では、笑っている顔が少なくて、
とても美しく、人間離れしているっていうのかな?
バレエのために生まれてきた人なのだろうと、
勝手なイメージを持っていたんだけれど、
今回の公演で、可愛い一面を垣間見れて、チャーミングな人だなぁ~と思った!


私が、古典よりモダンやコンテンポラリーが好きなせいか、
スヴェトラーナのコンテンポラリーが、すごく良かったなぁ~


また観たい!

でも次の7月のガラ公演では、古典・・・。
その前に、日程的に行けない可能性ありだけれど^^;




そういえばここ数年、ベジャールバレエ団が日本に来ないなぁ・・・
たまに思い出しては、寂しくなる。。

しょうがないから、DVDで我慢しよう。。

カラヤン広場では
[PR]

by a-monly | 2016-06-18 13:42 | だんす | Comments(0)

Italy日記 8

前回のイタリア日記から一ヶ月半も空いてしまいました^^;


やっと続きです。


「Palazzo Rosso(赤の宮殿)」
「Palazzo Bianco(白の宮殿)」
「Palazzo Tursi(トゥルシ宮)」

3館共通の入場チケットが、ミュージアムショップで購入できます。
€10位だったかな? 結構お得です。


赤の宮殿の名称は、ファサードに使われている赤い石材に由来しているそう。
ブリニョーレ=サーレ家が1874年まで所有。その後、芸術復興のためにジェノヴァ市へ宮殿を寄付し、現在はジェノヴァ市の所有。

白の宮殿もファザードが白いから?と思いきや、白ではなかったです(笑)


f0192411_2214596.jpg
f0192411_22141819.jpg


ルーベンスやヴァンダイク、カラヴァッジョなどが展示されてます。
ほとんど人が居なくて、ゆっくり鑑賞できました。

ハイシーズンは混んでるのだろうか・・・?



f0192411_2218026.jpg

f0192411_22181635.jpg

宮殿内は、とにかくゴージャス!!!


中庭? 屋上だったかな?
街を見渡せるらしく、そこから景色を眺めようと思っていたら、、、
突然の豪雨。。


f0192411_22204538.jpg

しょうがないので、建物内を通り、トゥルシ宮へ。
3つの建物が全て、外に出ずに行けるようになっています。


一番楽しみにしていたのは、
f0192411_22223323.jpg

こちら。
ヴァイオリニスト・作曲家「パガニーニ」が使用していたヴァイオリン。

200年近く経つのに、物凄く綺麗な状態です。
ヴァイオリンのケースなども展示されています。

展示されていた部屋が小さかったせいか?
たまたまタイミングが合ったのか?
こちらが、一番人が多かった気がします。
とは言っても、混んでるわけではないけれど・・笑



一通り見ても、まだ降り続く大雨。。
雨が弱くなるのを待ちたいところだけれど、この後の予定が・・・。


折り畳み傘をさして歩いていたら、傘売りの人から
「もっと大きい傘あるよ~!」と寄ってこられる・・・。


さっきまで外に居た沢山の人たちは、一体どこへ行っちゃったの?
と思うほど、人っ子一人歩いていない状態・・
そうだよね、こんな土砂降りじゃ、みんな雨宿りするか・・・笑
こんな雨の中帰った私は、ホテルまで50m程だったけれど、ずぶ濡れでした^^;


ホテルに戻って後は、出かける支度をして、
友人が出演するショーへ。


f0192411_22335826.jpg

なんと!運が良いことに、雨があがった!

少し早めに出て、劇場のボックスオフィスでチケットの引換えを。

素敵そうなショップがちらほらあったけれど、
日曜日なのでお休み・・・残念!
アンティークショップを覗きだかったなぁ~



f0192411_2234888.jpg

その後は、ドゥカーレ宮でコーヒーを。

フェッラーリ広場では、テントが出ていて、何かイベントをやっていました。



f0192411_22344291.jpg

あ! 晴れてきた!!!
自称「晴れ女」です(笑)


いよいよ会場へ。

外観のクラシックさとは違い、中はモダンでビックリ。
バルコニー席を取っていたのに、
「今日はバルコニー席は閉めているから、1階のこの辺、空いてる席に座って」
と劇場スタッフに言われて、更にビックリ!

あぁ、バルコニー席に座りたかったのにー>< 笑

その後のお話は こちらから
[PR]

by a-monly | 2016-01-17 23:17 | Italy ’15 | Comments(2)

シルヴィ・ギエム ファイナル

昨年、100年に一度のバレリーナと言われるシルヴィ・ギエムが

「2015年末でダンス界から引退する」

との、ファンにとっては衝撃のニュースが流れてから約一年。



ついにこの日が来てしまった。


世界中で公演をして、ファイナルツアーの最終地点に選ばれたのは日本。
ギエムが初めて飛行機に乗り、外国で踊ったのが日本。
「愛するボレロを最後に踊る場所は、日本以外にあり得ない」とギエムの言葉がどこかに書かれていた。

ファイナルツアーは、

『ファイナル』
『ライフ・イン・プログレス』

の2プログラム。

幸運にも両方のチケットを手に入れられた私は、この方と一緒に


f0192411_1632160.jpg

まずは、
『ファイナル』へ


『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』
振付:ウィリアムス・フォーサイス
出演:東京バレエ団

『TWO』
振付:ラッセル・マリファント
出演:シルヴィ・ギエム

『ドリーム・タイム』
振付:イリ・キリヤン
出演:東京バレエ団

『ボレロ』
振付:モーリス・ベジャール
出演:シルヴィ・ギエム 東京バレエ団


フォーサイスの「インザミドル」は、東京バレエ団初演
美しいグリーンの衣装で踊るコンテンポラリー。
かなり好みな演目。


「ドリーム・タイム」は、優雅に美しく舞うコンテンポラリー。
衣装もセットも流れるような、まるで夢の中にいるように思えてくる演目。



「TWO」、半径1mほどの中から移動せずに踊る、そこだけスポットが当てられ
ギエムの腕が華麗に舞う演目。
初めて観たのは、何年前だっただろうか?
その時に憶えた衝撃と感動が再び蘇る。
ギエムの中でも特に好きな演目だ。


ギエムの「ボレロ」を観るのは、4,5回目だろうか?
大好きな演目、だけれど、もう最後だなんて、考えたくもなかった。
音楽のボリュームが上がるにつれ、高鳴っていく気持ち。
なのに、最後だと思うと、切なくなる。

カーテンコールは、ほとんどの観客がスタンディングオベーション!
お花を渡している人もいたなぁ。
最後だものね。



翌週は、

f0192411_1621895.jpg

『ライフ・イン・プログレス』

これで本当に、私の最後のギエム公演。


『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』
振付:ウィリアムス・フォーサイス
出演:東京バレエ団

『ドリーム・タイム』
振付:イリ・キリヤン
出演:東京バレエ団

『テクネ』
振付:アクラム・カーン
出演:シルヴィ・ギエム プラサップ・ラーマチャンドラ グレイス・サヴェージ アリーズ・スルイター

『デュオ2015』
振付:ウィリアムス・フォーサイス
出演:ブリーゲル・ジョカ ライリー・ワッツ

『ヒア・アンド・アフター』
振付:ラッセル・マリファント
出演:シルヴィ・ギエム エムヌエラ・モンタナーリ

『バイ』
振付:マッツ・エック
出演:シルヴィ・ギエム



ファイナルツアーで新作(テクネ・ヒア&アフター)とは、進化する人ギエムにピッタリな気がした。

アクラム・カーンは、私の好きなイギリスの振付家。
彼の踊りを見て、インド舞踊に興味を持ったほど。

だから、この演目「テクネ」がとても楽しみにだった。
一本の木の周りを一人踊るギエム。
時折、動物のようは動きもあり、何か生命を思わせる。
コンテンポラリーは、目に見てその踊りが何か?と分かるようなものでは無い気がするけれど、
どこか、心を引き込まれる、心に訴えかけるものがあると思う。
この踊りも同じく、心を引き込まれて、ステージから一瞬たりとも目を離せなかったなぁ。
ミュージシャンもとっても良かった!


「デュオ」は、中盤まで音なしで踊り、時折コミカルな動きが。
ギエムが途中、ちょっと出演・・と言うより通り過ぎて行った(笑)
面白い演目だった。


「ヒア・アンド・アフター」、幕が開けたとき、鏡を使っているのか?と思うほど、
二人の息がピッタリに感じられたのは私だけだったのだろうか?
ギエム自身初となる女性同士のデュエットだそう。
繊細だけれど、時に力強く感じた踊り。 

エムヌエラ・モンタナーリは、ミラノスカラ座のソリスト。
今回、彼女を初めて知ったのだけど、何度もマッシモ・ムッルやギエムと共演してたのですね。


「Bye」は、以前も日本で踊っているけれど、観るのは今回初めて。
モニターに写る、ギエムの目のアップから始まり、
そこから出て、舞台で舞う。
時折、物悲しさを感じ、でも、先に向かっていく明るさも感じ。
最後は色んな人たちが交差するモニターの中へ戻っていく。

ラストに相応しい演目だと思った。


長い間続いたスタンディングオベーションのカーテンコール。
あぁ、終わって欲しくないよ。


f0192411_16571984.jpg

会場内にあった、大きなパネル。

友人が到着する前に、コレを見て一人泣きそうになっていた私。

私がギエムの公演に行き始めたのは、10年ほど前なので、そんな昔でもないけれど、
感慨深いものがあり・・・
まさかダンス界から引退だなんて想像もしていなかった日が来てしまい、
いまだ、信じられらない気持ちでいっぱい。

けれども、心に残る言葉では言い表せない素晴らしい時間をありがとう!!
できれば本人に伝えたかった^^



デマチも何度かしてサインをもらった事があったけれど、
「マドモワゼル・ノン」と呼ばれたギエムも、ファンには笑顔でとても気さくだったなぁ。





12月31日にオーチャードホールで開催される東急ジベルスターコンサートでギエムがボレロを踊るのだけれど、それがTVで放映されるらしい。
あー、、見られるかな・・・・・。
[PR]

by a-monly | 2015-12-29 17:13 | だんす | Comments(0)