「ほっ」と。キャンペーン

アントニオ・ガデス舞踊団

久しぶりのダンス鑑賞!

久しぶりのフラメンコ!!


昨年チケットを取ってから、ずっと楽しみにしていた
f0192411_2191641.jpg

アントニオ・ガデス舞踊団の公演へ



この日はAプログラム

「血の婚礼」
「フラメンコ組曲」



アントニオ・ガデス舞踊団を観るのは3回目かな?
毎回違う演目を観ています。
なので、今回の演目も初。



情熱的に踊るシーンが多い「フラメンコ組曲」の方が、私の好み。
衣装も素敵だったし、
ミュージシャンも素晴らしかった!


歌い手とギターのみのシンプルな構成。


アンコールも盛り上がり、
終演後外に出たら、文化村通りに御神輿が!
しかもライトアップされていてビックリだった!


その後は友人と、自宅付近で軽く飲み、色々お喋りして帰宅。


今年は圧倒的に、踊りを観に行く回数が少ない。
それに比べ、美術展に行く機会が増えてる(笑)


私の好きな、ベジャールバレエ団は、何年来日にしてないんだろう?
なんて思ってみたり。



そして・・・
去年のサラ・バラスのフラメンコ公演が、
あまりに深く私の心に残っていて、、
それを改めて思い起こされた日でした。
[PR]

by a-monly | 2016-09-30 12:00 | だんす | Comments(2)

前橋汀子 アフタヌーン・コンサートVol.12

f0192411_2041988.jpg



もう一ヶ月前のこと、


毎年の恒例行事、
前橋汀子さんのヴァイオリンコンサートへ。


今年は、母が都合がつかず、
友人と一緒に。



まずは、ポールでランチ♪
f0192411_2061921.jpg

マッシュルームのクレープをオーダー。
久々のクレープ、美味しかった~!


のんびりお喋りしながらランチした後に会場へ。


今年はステージから遠い席(笑)


一部では、今までとは違った、エキゾチックなドレスで登場した前橋さん。
グリーンに、ゴールドの装飾。
それはそれは素敵で、演奏もさることながら、衣装に釘付けでした。



今年は大好きなG線上のアリアを聴けて大満足!


2部は、馴染み深い曲を多数。
シンプルな真っ赤なドレスでご登場。
アンコールも毎年のことながら、4曲も!


ヴァイオリンの深い音色に酔いしれた一時でした。

友人も喜んでくれたようで良かった!



公演後は、オーヴァカナルでお茶。
この時の素敵なギャルソンは、残念ながら不在・・。
来年は、いらっしゃるかしら・・・

少しの時間だったけれど、友人との楽しいお茶時間♪
そして、地元の駅で一緒にお買い物。


しかし、1年って早いなぁ・・・・・・と、しみじみ思う。。
[PR]

by a-monly | 2016-08-01 20:14 | みゅーじっく | Comments(0)

久々バレエ鑑賞

『ロシア文化フェスティバル2016 IN JAPAN』




お目当てはこちら
f0192411_13121796.jpg

ボリショイバレエ・プリンシパル 「スヴェトラーナ・ザハーロワ」
と、彼女の夫、
世界的ヴァイオリニスト 「ワディム・レーピン」

at サントリーホール


フェスティバルの初日のこの日は、開会式もあり、
委員会院長でもある、
ロシア連邦国家院議長・(日本)参議院議員 の挨拶もあり、
大統領・首相のお言葉も。


さて、なかなか機会がない、スヴェトラーナ&レーピン夫妻の共演。
この日をとっても楽しみにしてました!!!


座席は、舞台を真横から見下ろすところで、
残念ながら、下手の袖は見えないけれど、
距離は割りと近く、よーく見えました。

・・・と言いつつ、オペラグラス持参でしたが(笑)


演目は

『Distant Cries』

「メンデルスゾーン:ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲ニ短調より第2、3楽章

『Plus.Minus. Zero』

「クライスラー:中国の太鼓」

『Revelation』

「チャイコフスキー:レンスキーのアリア」

「モンティ:チャールダーシュ」

『瀕死の白鳥』

「ポンセ」

『レ・リュタン』より(抜粋)

※『』は踊りあり、「」は音楽演奏のみ

<バレエ>
 スヴェトラーナ・ザハーロワ
 ミハイル・ロブーヒン
 ウラジミール・ヴァルナヴァ
 ドミトリーザグレビン

<演奏>
 ワディム・レーピン&フェスティバル・アンサンブル



古典クラシックのイメージが強いスヴェトラーナだけれど、
この日は、コンテンポラリーが殆ど。

なかでも
『Distant Cries』は、心にぐっとくるものがあって、
また是非観たいと思うほど気に入ってしまった。


『Revelation』は、日本人振付家の作品。
これは、スヴェトラーナの身体能力を見せつけられた、物悲しい演目。


『瀕死の白鳥』は、それはそれは美しく、

最後の『レ・リュタン』より(抜粋)は、
ダンサー全員が出演した、ちょっとコミカルでキュートは演目!

スヴェトラーナと、レーピンの、ほんわかしちゃうやり取りもあったり、
上手の袖口がよーく見えたため、ちょっと面白いところも見られちゃったり^^
レーピンのユーモラスな場面もあったりで、

普段のバレエ公演では見られないようなところがあり、
何だか得した気分&happyな気持ちに♪



スヴェトラーナって、目にする写真では、笑っている顔が少なくて、
とても美しく、人間離れしているっていうのかな?
バレエのために生まれてきた人なのだろうと、
勝手なイメージを持っていたんだけれど、
今回の公演で、可愛い一面を垣間見れて、チャーミングな人だなぁ~と思った!


私が、古典よりモダンやコンテンポラリーが好きなせいか、
スヴェトラーナのコンテンポラリーが、すごく良かったなぁ~


また観たい!

でも次の7月のガラ公演では、古典・・・。
その前に、日程的に行けない可能性ありだけれど^^;




そういえばここ数年、ベジャールバレエ団が日本に来ないなぁ・・・
たまに思い出しては、寂しくなる。。

しょうがないから、DVDで我慢しよう。。

カラヤン広場では
[PR]

by a-monly | 2016-06-18 13:42 | だんす | Comments(0)

前橋汀子 アフタヌーン・コンサートVol.11

何だかバタバタの日を送っておりまして・・・旅日記用の写真整理ができていません(笑)


そんなわけで?! 旅日記の前に・・・
先々週末のこと、母と恒例化している前橋汀子さんのヴァイオリンコンサートへ行ってまいりました。


まず始めに、六本木一丁目のPAULで軽くお昼を食べて。
そうそう、六本木一丁目からサントリーホール手前まで遊歩道が出来ていました。
新しいビルの中を通って行くのですが、
美味しそうなお店や、青山にもあるバーガーショップ「the 3rd burger」もありました。


f0192411_131017.jpg

場所はこちら。 いつものサントリーホール。


この日は幸運にも、前橋さんの表情もよ~くみえる前方の席。
70代だと思われる前橋さん、とてもそのお年には見えなく、変わらずお美しい!


一部は、ヴァイオリン・ソナタ
イタリアから戻って、数日後だったので、時差ぼけがまだ抜けず、
気がついたら10回くらい、一瞬夢の中へ・・・^^;



そして2部が始まる前に、2F席でざわざわ。
カメラも2台回ってる・・・
あれ?誰か北?? 政治家? 芸能人??


なんて思っていたら、なんと!!! 皇后様がいらっしゃいました。
私たちの席から、5m程のところに、皇后様が!!!
会場から溢れんばかりの拍手。
もう、大感激!!
母は、「感激して涙が出そう」と申しておりましたが、
ええ、本当にそういう気持ちになります。

さてさて、2部はお馴染みの曲などを6曲。
一気に時間が経ってしまい、アンコールへ。
今年も4曲!


皇后様と同じ空間に居られた感激と、前橋さんの美しいバイオリンの音色。
今年も母と一緒に来られたこと。
この日、誕生日前日だった自分への最高のプレゼントだった気がします。

昨年も
[PR]

by a-monly | 2015-07-01 01:47 | みゅーじっく | Comments(0)

前橋汀子 アフタヌーン・コンサートVol.8

母と私の中で恒例イベント化している



「前橋汀子 アフタヌーン・コンサートVol.8 @サントリーホール」



に今年も行ってまいりました。
7月の暑い日曜日に!





f0192411_2237595.jpg

「軽めに」とPAULでお昼ご飯を食べたけれど、


待ち合わせ時間が早過ぎて、間が持たない(笑)



早めに会場へ向かい、この日はアーク森ビルが開いててラッキ~!





f0192411_22373665.jpg

サントリーホール ドアオープンのパイプオルガンを初めて見ました。








美しい音色に聴き惚れた約2時間。

アンコールは、なんと6曲も!!!
素晴らしいサービス精神にファンは嬉しくなっちゃいます。





でもその後、、会場を出たら大雨><



と言うことで、ホール近くにある「Bubby's」でお茶。
(雨が降らなくても寄って帰る予定でしたが・・笑)




f0192411_22382364.jpg

バナナモカタルト。
たまにこういうアメリカンなのが食べたくなる!
[PR]

by a-monly | 2013-09-03 12:49 | みゅーじっく | Comments(2)

Monday満ちる

旅日記の途中ですが、、ちょっと寄り道。




f0192411_1618.jpg

6月下旬。
数年振りのMonday満ちるLIVE at ビルボードライヴ東京





ビルボードライヴ東京には初訪問。
入ってみると、ステージの向こうには夜景が見える!!!
(ライヴ中は幕が閉まるので、夜景は見れません。)



久々のMonday。
今回(も?)ブラジリアンナンバーが多く、自然と体が動いてしまうリズム。



MCは相変わらず気さくで、人の良さが伺える。
そして、時々笑ってしまう面白いMC^^



Mondayの歌声もアレックスのトランペットも凄くカッコ良かったけど、
この日一番格好良かったのはドラムの天倉正敬さん!!!



「最近売れっ子になっちゃって、なかなか予定が合わない」

な~んてMondayが言ってました(笑)
うん、その話、頷ける。




f0192411_194039.jpg

あまり期待してなかったけれど(笑) お料理も美味しかった~


この日、ご一緒した友人夫婦はナント結婚記念日!!!
とっても素敵な友人夫婦の素晴らしい記念日に、
私たち夫婦も一緒に過ごせて嬉しかったなぁ~





・・・と、そんな記念日に数日前に誕生日を迎えた私も祝っていただいちゃいました^^;


f0192411_1102253.jpg

見ているだけで明るく元気が出そうなフルーツのコンポートに DEMELのチョコクーヘン。

どうもありがとう☆



オレンジの方は、

f0192411_112219.jpg

こんな風に楽しみました♪
カンパーニュ×クリームチーズ×オレンジ。
美味しかった~!

More
[PR]

by a-monly | 2013-07-11 01:16 | みゅーじっく | Comments(0)

舞台ハシゴ

f0192411_14535157.jpg

6月17日は、1年も前から母と行こうと予定していた
『前橋汀子 アフタヌーン・コンサート Vol.8』




でも、その前に!

f0192411_14542977.jpg

午前中は文学座新モリヤビルにて朗読会
「五人の女優による五つの物語 vol.2」

時間的に難しかったため、友人の出番を聞いて退室。
今回は、キッズ達も数名いたし、カーペットにクッションの席も!
お子ちゃまには良いなぁ~と思ったり。
「スーホの白い馬」という絵本の朗読だったのだけれど、
ナレーション・登場人物数名。
一人で何役もこなしてしまうところは、さすが女優。
みんな聞き入ってました。
次の朗読会はいつか? 楽しみだなぁ~




f0192411_14561764.jpg

そして、その後はアークヒルズへ移動。
お昼は2月末にopenした「Bubby's」で!


f0192411_14545520.jpg

と勝手に決めていたのに・・・
なんと、お休み。。


f0192411_14554326.jpg

でも、これを見ると、日曜の営業時間がしっかり書いてあるのになぁ・・・
久々にパイが食べたかったから残念。。


日曜はお休みのお店がほとんどで、結局、毎回同じアークヒルズカフェで昼食。
いえ、雰囲気も好みだし、味も美味しいし、満足なんですけどね^^


今回は母と並びの席。
2Fだけれど、ステージがよ~く見える場所。
いつもながら思うことは、サントリーホールは音がいい!


今年は前橋さんの活動50周年だそう。
無料で配られるプログラムには、生い立ちから現在までのことを写真とともに綴られていて、
ファンとしては嬉しい限り。

今回は、クライスラーが中心のプログラム。
アンコールは4曲!
バイオリンの音色って好きだなぁ。
実はいまだに習ってみたいと思っている楽器なのです。
思っているだけで、行動には移していませんが・・笑

久々のクラシック。
美しい音色に聴き入って、贅沢な時間が過ごせた日曜の午後。

すでに来年のアフタヌーンコンサートも予定に入れてます!

その終わりは・・・
[PR]

by a-monly | 2012-06-23 21:18 | あーと | Comments(2)

前橋汀子 アフタヌーン・コンサート Vol.7

今年も母と行ってきました。




ヴァイオリニスト 前橋汀子さんの
『アフタヌーン・コンサート Vol.7』 at サントリーホール 



f0192411_23113694.jpg





前日は体調不良で予定をキャンセルしたけれど、
このコンサートは母の分のチケットも持っていたから、行かなければ。
万全とは言えずとも、結構回復し、ほっとする。




公演前はアークヒルズカフェでランチ。
なんと、知人にバッタリ!
このカフェで働いていると聞いていたけれど、確か週末は居ないと言っていたような・・・
話したところ、今はお店には立っていないそうで、この日はたまたまだったと。
タイミングがいい!


ゆっくりランチして、ホールへ向かった。


今日は母と別の席。

何でか?と言うと、チケット発売が3/13だったのだ。
そう、あの大地震の2日後。 すっかりチケットのことなど頭になく、
その夜だったか、翌日だったか?思い出した時には、あと数枚しか残っておらず、
並びの席は取れなかったのだ。
けれど、母も私も一人でコンサートや観劇に行くタイプなので、全く問題なし。



1曲目は、「白鳥」(動物の謝肉祭より)

あまりに澄んだ音色に、心が震えた・・・





2部構成で、親しみやすい曲ばかり。

今回は、私の好きな「タイスの瞑想曲」もあり、とっても嬉しかった。





演奏中のヴァイオリニスト独特の動きが好き。
全身で弾いてるその姿はカッコよく、惚れ惚れしてしまう。



曲によって、同じ楽器だと思えぬほど変化する音。
時にはオーケストラのような迫力。時には歌ってるように聞こえてくる音色。

感動せずにはいられない。





会場が割れんばかりの拍手。
4曲ものアンコール!(チケット3000円なのにこちらが申し訳ないほど)
この日は、前橋さんがノリにノってるように見えた。
こちらとしても嬉しい限り。



4月には賞もとったらしいです。

ヴァイオリンのテクニックは勿論のこと、とても美しく、素晴らしい音を奏でる人だと、私は思う。





楽器って、同じ楽器でも演奏者によって、全く音が変わる。
それって面白いな・・・と子供の頃から思っていた。
特に鍵盤楽器は!






弦楽器ってやっぱりいいな~
今までかじった楽器の中で、コントラバスが一番楽しかったと今でも思う。
なんていうのか、あのフラット(♭)な音が良い。
そういえば、フルートも圧倒的に♭曲が多かった。

♯よりも♭が好き。

マルシェ
[PR]

by a-monly | 2011-08-03 00:40 | みゅーじっく | Comments(6)

前橋汀子 アフタヌーン・コンサート Vol.6

6月20日

ヴァイオリニスト 前橋汀子さんの


『アフタヌーン・コンサート Vol.6』 at サントリーホール へ


f0192411_0574049.jpg





クラシックコンサートは久しぶり。
この日、ステージ裏の座席だったので、
滅多に体験できない後姿を見ながらの鑑賞。


なんとチケットが¥2000!




始まりは、バッハ G線上のアリア
実はこれが聴きたくてチケットを購入。
音が鳴った瞬間、心にじーんときた。


伴奏はピアノだったけれど、
『シャコンヌ』だけ無伴奏。
1本のヴァイオリンなのに、まるでオーケストラのよう。


アンコールは、なんと!4曲も!!!
えーーー!このチケットのお値段で、こんな贅沢いいの?
と思ってしまったほど!


深く響く音色。
澄んでいて、ときに力強く。 そして美しく響く。
切ない曲には切ない音が、、軽快な曲には明るい音が、、
というように、音で曲調が分かるような、そんな素晴らしい演奏に
痛く感動。



小学生の頃、母に連れられて1度だけ前橋汀子さんの演奏を聴きに行った。
オーケストラとの共演で、1部だけに登場。
オレンジ色のドレス、あて布は同じ生地のもの。
子供ながら、その美しさに見惚れてしまい、演奏自体はあまり覚えていない・・^^;




f0192411_0575965.jpg



あれからかなりの月日が経った今も、変わらぬ美しさに見惚れつつ、
その音色に聴き惚れた2時間と少し。


今回も母と一緒。
終わったあと、前橋汀子さんの演奏と美しさについて、話がやまず。
「本当に感動したね!」ってお互い何度言っただろうか・・・






こんな感動を与えてくださった日に感謝しつつ、
ちょっと早い自分への誕生日プレゼントだと勝手に思ってみた1日。
[PR]

by a-monly | 2010-06-22 01:02 | みゅーじっく | Comments(2)

マリア カラス

f0192411_331955.jpg



23日に日本橋で

『マリア カラス その伝説 現代モード界が表現する女神』

を観てきました。




イタリアモード界のデザイナーたちが
マリア カラスの魅力に思いを馳せて制作したドレスの展示。


そして、マリア カラス ゆかりの人たちが語るエピソード。



ドレスたちは、それはそれは、とても素敵で。
それ以上に、エピソードを呼んで胸が熱くなりました。




最近、年齢のせい?(笑)涙もろいのですよねぇ・・・



マリア カラスに関しては、伝説のディーバぐらいしか知識がなかったのですが
彼女の歌は勿論のこと、どんな人だったのか?知りたくなりました。
(ウィキペディアは読んでいたのですけれど)
映画も何本かありますよねぇ~



実はこのチケット、友人からの頂き物。
それがなければ、観に行かなかっただろうなぁ。
そういう偶然というか、つながりというか、面白くもあり、とても有難い事だとつくづく思います。


友人よ! どうもありがとう!!
[PR]

by a-monly | 2009-12-30 03:17 | あーと | Comments(4)